2006年12月27日

【デッキ】ライトスフィンクス【レシピ】

先日のアバターは本当に疲れた。
というか、生け贄3体稼ぎつつ、いざ出してもフィニッシュが決められないのでは意味がない。しばらく保留

ってことで、アバター生け贄稼ぎの副産物としてこんなものを作りました。


モンスター(19枚)
放浪の勇者 フリード×3枚
激昂のミノタウルス×2枚
虚無の統括者(ヴァニティー・ルーラー)×2枚
ボルテック・コング×3枚
スフィンクス・テーレイア×3枚
スフィンクス・アンドロジェネス
ジェルエンデュオ×2枚
アンドロ・スフィンクス×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×2枚
非常食×2枚
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
神秘の中華なべ
次元融合×2枚
ハリケーン×2枚
サイクロン

罠(8枚)
聖なるバリア−ミラーフォース−
光のピラミッド×3枚
激流葬
異次元からの帰還
つり天井×2枚


あまり使われることのない劇場版カードのデッキです。
先日のジャンプフェスタで「ボルテック・コング」が登場したので
それの試験的な運用も兼ねています。


・劇場版カードたち
やっぱり扱いにくさが一番の原因だろうか
1ターン待ってもらえず、即座に地砕きを食らっていたかつての環境とは違って、今ならまだ生存率が高そうなので採用してみた。
ぶっちゃけ除去カードがなければ、単純戦闘でぶち壊すのは難しいが、ライボルなんて代物もあるので、そこらへんはタイミング。むしろ最終兵器出しやすくていい。

・虚無の統括者
自身の特殊召喚は出来ないものの、自分だけ特殊召喚できてしまうヤツ。
都合よくも光属性の天使族なのでジェルエンデュオ1体で出せる。

・ジェルエンデュオ
アタック機能つきマシュマロンといったとこだろうか。でも、ダメージを食らえば即座に破壊なので、モタモタしないでさっさとルーラーの餌にしてしまったほうがよさげ。

・ボルテックコング
ジェンフェス初登場初オリジナルのカード。光属性カードがあればその枚数だけ相手デッキのカードを墓地に送れるのでスフィンクスたちのアタック待ちまでの間は、こいつでデッキデスでもしておくのが吉。攻撃力1800とアタッカーとしてはトントン。

・若かりし頃のフリード
モンスター除去の要。墓地に落ちた光属性モンスターを除外することで次元融合のスイッチを決めやすくする。

・激昂ミノ
都合よく、構成モンスターのほとんどが獣族。攻撃力が高くても壁を並べられては劇場版カードの高攻撃力を活用できないので、コイツで穴あけ。ボルテックコングの効果を無理矢理通すことも出来るので、ある意味切り込み隊長的存在。

・非常食、ハリケーン、つり天井、激流葬
劇場版カードの最終兵器、スフィンクス・アンドロジェネスの召喚の要となるカード。同時に破壊って考えると多分こいつらかなぁと思う。ハリケーンでピラミッドを戻しても破壊されて除外されるので、それだけで条件満たせるし、次元融合に繋げられる。この後のアタックがほぼ決まる状態で出せれば最高。

・次元融合、異次元からの帰還
モンスターの大量展開なら次元融合、生け贄を揃えたいだけなら異次元からの帰還、今回は役割をすっぱりと分けました。でないとスフィンクスは召喚ターンにアタックかけられないので、攻撃が通った後に追い討ちで発動っていう手段が使えない。アンドロジェネスの召喚キーにもならないので、LPコストを考えると全然見合わない。なのでやるなら生け贄稼ぎか、中華なべでLP確保。


状況的に考えて、どこかにスナイプストーカーを入れてもいい。フリードとスナイプストーカーを積んで、除去率上げちゃうわけだけど、そうなるとボルテックの効果が生かせないっていうのもあるので、逆に数減らしちゃう手もある。入れるとするならそれぞれ2枚ずつ。獣族じゃないから貫通効果も見込めないという理由もあるので、それを考慮してもスナイプストーカーは2枚が妥当だと思う。

1ターン待たないといけないという制約は変わらないので、あえて魔封じの芳香で魔法発動を1ターン遅らせるという方法もある。そうなると、永続罠を積み込んでウリアも・って考えるとそれも面白そうだけど、また別の話。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

【デッキ】推理Dアバター【レシピ】

アバターって実際どうよと真剣に考えてみた。そんなデッキ。

メイン(41枚)

モンスターカード(20枚)
邪神アバター×3
混沌の黒魔術師
マシュマロン
ダンディライオン
黄泉ガエル
ジャイアントウィルス×3
D-HERO ドグマガイ
D-HERO ダッシュガイ×2
D-HERO ダイヤモンドガイ×2
D-HERO ドゥームガイ×2
E・HERO エアーマン×3

魔法カード(18枚)
貪欲な壺
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
ライトニングボルテックス×2
増援×2
デステニードロー×3
デビルズ・サンクチュアリ×2
名推理×3
我が身を盾に
スケープ・ゴート

罠カード(3枚)
和睦の使者×3


ドグマガイを展開してLP半分まで削りながらアバター出してフィニッシュなデッキ。
展開速度はそこそこ。アバターは出てくるの結構早いので、問題は出てから2ターンで勝負を決められるかどうかというところ。まだ改善の余地はあり。

では構成物質の解説(何

・アバター
無論3積み。重いかもしれないけど、邪魔ならライボル、施しで捨ててもいい。展開準備が意外と早く整うので、常に手札に握っておきたい。

・マシュマロン、ダンディライオン、黄泉ガエル
優秀な壁&生け贄要員。とにかく生け贄が欲しいならちょうどいい素材。

・ジャイアントウイルス
こちらも生け贄要員。死デッキの媒介にもなるし、破壊されれば場に2体出せる&ダメージが入る。これが決まるのと決まらないのとでは、ドグマ効果でのLP半減に結構な差が出る。

・D-HEROたち
主力はドグマガイ。3体生け贄が必要ながらも特殊召喚なので、羊トークンで出してやれるので結構早い。特殊召喚でとにかく生け贄要員を揃えないといけないので、ダッシュガイは必須。Dドローで落として下拵え。ダイヤモンドガイはアバター召喚の促進、モンスター除去、ドロー強化の要として。ドゥームは使用済みダッシュと、ダイヤ効果の再利用要員。

・E・HEROエアーマン
やっぱり強い。ここからD-HEROにつなげればエンジンをかけやすい。

・デビルズサンクチュアリ
ダイヤガイで落としても、手札から使ってもお手軽に生け贄を稼げる。
死デッキ要員にもなるし、場ががら空きになりそうなときには出しておきたい。

・我が身を盾に
アバターは戦闘においてはこと無敵、効果継続範囲内であれば魔法・罠は使えないけど、モンスター効果で破壊される可能性があるので、場もち補助として欲しいところ。と言ってもモンスター除去効果を持つ効果モンスター自体そうそうあるわけじゃないので1枚だけ。


ざっとこんな感じ。
何回か組んでは崩して組みなおしを繰り返してきた結果。でもまだ改善の余地あり。
ちなみに、今まで採用してきたカードで面白そうだと個人的に思ったものもあるので以下に。

・デビルフランケン
単純に究極竜とか、サイバーエンドとアバターを並べたかっただけ。
でも入れておくと強い。効果使用後は生け贄で美味しく頂いちゃいましょう。

・ナーガ&モンスター回収
これはちょっと盲点。ナーガ効果でデビフラとか出しておけば、効果使用後に即生け贄に使えるのでありといえばあり。
ちなみに、ダッシュガイ効果使用可能状態で、ドローフェイズにモンスター回収を行った場合、モンスター回収効果でドローした手札にモンスターカードがあればダッシュガイ効果で場に出せます。事務局OKしました。
その際の処理はこうなります。

ドローフェイズ時
ドロー後、モンスター回収効果発動
  ↓  ↓  ↓  ↓
この時点では、モンスター回収のみチェーンブロック発生。
効果処理時に場のナーガと手札をデッキに戻してその合計分ドロー
  ↓  ↓  ↓  ↓
効果処理後新たにチェーンブロック発生。
ナーガは強制効果なので以下のようにブロックが組まれます。

チェーン1:ナーガ
チェーン2:D-HEROダッシュガイ

効果処理開始

チェーン2:D-HEROダッシュガイ効果で特殊召喚可能なモンスターが手札にあれば公開し特殊召喚。
チェーン1:ナーガ効果でデッキからレベル3以下のモンスターを特殊召喚。

となります。

モンスター回収効果でダブルコストンとアバターが手札にくれば、そのターンに融合モンとアバターを並べることも可能です。

・ダブルコストン
アバターを低コストで出すには必要不可欠だと思っていたんですが、どうでもいいときに手札にくると紙クズ同然。アタッカーとしても若干力不足。むしろ実戦ではダブルコストンよりも、黄泉ガエルなど低レベルモンスターを生け贄にすることが多かったです。


え?サイド?
そんなものかんgゲフンゲフン

メインすらできてない状況でサイドとか考えられないです。
試験的なデッキであれば、総入れ替えで別のタイプに変えられるようにしてみてもいいかもしれません。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

フォーラムスリーブについて

情報が限りなく少ないフォーラムについて、決着がつきましたのでとりあえず新規記事で。

フォーラムスリーブは「ゲームに使用するための商品」ではないのが結論です。


前の記事にもありますように、メーカーは一定のサイズで生産していないということで、以前にもMTGの大会でジャッジがフォーラムはダメみたいな判定を下してるそうです。

スリーブに詳しい店長さんとお話が出来ましたのでお聞きしたところ、
MTG、遊戯王などの公式大会で使用するのに問題の無い精度のスリーブは
やのまん、KMCあたりが確実だそうです。

ウルトラプロ、フォーラムの場合、ウルトラプロは日本代理店も無く、海外から直接入荷しているため、何らかの問題が発生した場合は客側の手間になり、フォーラムについては決まったサイズで作って居るワケではないということを了解の上で商品を卸しているそうです。

硬さで有名なフォーラムですが、残念ながら大会で使用する上では問題のあるものだということです。


今回の件について、対応していただいた各部署の方々には大変感謝しております。


ああ・・・、新しいスリーブ探さなきゃ・・・;

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カード】フォーラムスリーブ【サプライ】

カードゲームをプレイする上では避けることの出来ないアイテム、
それがスリーブです。


現在、様々な会社から製造・販売されているスリーブですが、
皆さんは「フォーラムスリーブ」という代物をご存知でしょうか?

ハードタイプのスリーブの中では、おそらく現存するスリーブでは最強の性能を誇るであろうフォーラムスリーブ。

ですが、今回そのスリーブをめぐってトラブルが発生しました。


IMG_1333.jpg

これが今回の原因となったフォーラムスリーブです。
私が愛用しているのはクリアタイプのものです。

このスリーブは硬さで有名で、多少のカードの反りもスリーブの硬さで修正してしまうという代物。
プレイの多い人にとっては、消耗品であるスリーブの購入代金もバカにならず、出来るだけ長持ちするものがほしいというのが理想です。

さて、このスリーブが問題なのはどこなのか・・・。

それはサイズです。


スリーブはあらかじめサイズが決められて製造されています。

【メーカー】 【スリーブタイプ】  【サイズ】 【値段】 【枚数】
コナミ純正    クリアタイプ   横64×縦92  250円  100枚
コナミ純正   ホログラフタイプ  横62×縦91  630円  100枚
ウルトラプロ カラー、イラスト付き 横67×縦92 300〜500円 50枚
ウルトラプロ 箱入りハードクリア  横66×縦92  840円  100枚
やのまん   薄手のクリアタイプ  横66×縦93  200円  100枚
やのまん   カラーハードタイプ  横66×縦93  480円  100枚  
やのまん   クリアハードタイプ  横66×縦93  280円   75枚
KMC      ハードタイプ   横66×縦92  350円  100枚
KMC    ハードタイプミニ   横61×縦85  300円   50枚
ホビージャパン  ハードタイプ   横66×縦93  280円  100枚
フォーラム  クリア・カラー両方  横66×縦94  735円  100枚


他にもあるでしょうが、現在のところスリーブのサイズ、値段、枚数は
こんな感じです。

どのメーカーも機械生産で、かつ販売時にはそのサイズに統一性をもたせています。まあ、一部例外はありますが、それはまた別のお話で。

さて、今回問題になっているフォーラムスリーブですが、
このメーカーは機械生産ではなく、手作りによるものです。
したがって、サイズの違うスリーブがいくつか出てくるのは仕方ないねって話。

それはウルトラプロのハードタイプスリーブでも同じことが言えますが、問題なのは『そのサイズの違いが箱単位であること』です。

消費者としては、同じ商品名で販売されている以上、同じ品物を提供して欲しいという気持ちは強いはずです。しかも、それがカードスリーブであるならなおさらです。

ではその違いについて写真で見てみましょう。

IMG_1334.jpg


IMG_1335.jpg

まず1枚目、手前の短いほうが横66×縦94のスリーブです。
後ろの幅のあるほうはサイズが横67×縦93でした。

続いて2枚目。長いほうが横66×縦94のスリーブで、短いほうは横66×縦92のスリーブです。

手作りなので、多少のサイズミスがあるのは仕方のないことだとは思いますが、それもコンマ数ミリが許容範囲。写真の代物は明らかにミリ単位で違いがあります。これが箱単位でありました。100枚全てが66×92、67×93という感じです。

はっきり言います。

これはゲーム用としては使えません


スリーブのサイズがどれだけ大事なのかは、実際にプレイされている方は良くわかるはずです。

同じ商品名で購入したのにスリーブのサイズが違う。同じ商品名だから、同じ商品が入っていると考えるのは消費者の心理としては当然のことです。
それがカードスリーブとなるとなおさらで、どういう問題が起こるか一目瞭然です。

はい、大会で使用した場合、マークドとして相手プレイヤーから指摘されます。
ジャッジからペナルティを与えられる場合もあります。ゲームによっては最悪失格もありえます。

スリーブっていうのはゲーム進行を円滑に行う上で、最も重視しなければならないものです。色や素材という問題ではありません。その外観や手触りから特定のカードが判明してはならないのです。

そもそも、手作りにそんな精度を求めるのもどうかとは思いましたが、カードゲームのサプライ商品として販売している以上、サイズに関しては重要視していただかなければならないのはメーカーとしては当然のことと思います。


今回のこの件について、フォーラムの販売店に問い合わせをしてみました。

販売店側では特にサイズを測っていない(つまり検品はしない)でそのまま販売されているようです。そもそも、メーカーと販売店は関係のない会社でした。

こちら、実店舗もありまして、私が購入したのもそのうちの1店舗、大阪日本橋にある○○○ってショップです。(名前は出しませんがわかる人はわかりますよね)

さて、電話を入れたのが午前11時ちょい。
オペレーターさんが、○○○に確認を取りますといってから、かれこれ5時間でしょうか、返事が来ません。

仕方ないので電話してみると、どうやらショップ側に任せちゃったそうで、そちらから電話が来ることになってるそうです。
本当に適当なショップですね。○○○は(汗

仕方ないので、サポートの方でお話をしてもらい、メーカーにも問い合わせてもらいました。その際のメーカーの言い分が「特にサイズを決めて製造しているわけではない」というもの。



(゜□゜)ポカーン・・・・


ハァ(´д`)y-~~~<ダメだこりゃ


どっかいいスリーブないかなぁ・・・。
ハードクリアタイプで、ウルトラプロのハードクリアタイプ並みの固さのやつ。
出来ればサイズは66×93が良好。どなたかご存知の方は情報お願いします。

フォーラムが手に入れば全面変更とかしないで済むんですけどねぇ・・・(´д`);;

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

海外遊戯王探索〜ヨーロッパ版〜

【11月22日追記】

11月12日から、今日の21日まで、学校の海外研修でヨーロッパまで行って来ました。

行き先はスイス、リヒテンシュタイン、ドイツ、フランスの4ヶ国。
一応、観光の時間ももらえたので、そこである計画を実行に移してみました。

「海外の遊戯王を土産に買ってこよう」

海外での販売事情云々については、以前にBPさんより聞き及んだ限りですが、まず実際に探してみた結果このようになりました。


11月13日(月)
リヒテンシュタイン侯国 首都:ファドゥーツ市内土産物店2F

Dark Beginning2 7.90Cフラン 日本円:約790円
Collecters Tin 2006 E・HEROネオス缶 44Cフラン 日本円:約4400円


11月15日(水)
スイス共和国 都市バーゼルへの移動中のサービスエリア内土産物屋

スターターデッキペガサス
ストラクチャーデッキ戦士 共に16.90Cフラン 日本円:約1700円
The Lost Millenium
Power Of The Duelist
Enemy Of Justice
Elemental Energy 4つとも9.90Cフラン 日本円:約1000円
Dark Revelation2 8.90Cフランのところを売り切りセールで6.90Cフラン 日本円:約700円


同日 スイス共和国 バーゼル市内 TVゲームショップ

ストラクチャーデッキ恐竜 18Cフラン 日本円:約1800円
Collecters Tin 2006 E・HEROネオス缶 36Cフラン 日本円:約3600円

また、ここの市内で多数Kioskを見かけましたが、どこも遊戯王を一種類だけですが取り扱ってました。

種類はTLM、EOJの2種類。
価格は7.90Cフラン 日本円:約790円


11月16日(木)
スイス共和国、バーゼル市内 ライン川近くにあるおもちゃ屋

ストラクチャーデッキアンデッド、ドラゴンを除く全てのシリーズを発見。
それぞれ各18.90Cフラン 日本円:約1900円

各パック
SRLからPGDまで英語版
SOD以降POTDまでドイツ語版 各7.90Cフラン 日本円:約800円


【11月12日時点 円レート】
スイスフラン:1CHF/99円 ユーロ:1E/155円
発見したカードは、最終日の半数の英語版を除き、全てドイツ語版で1st


まずわかったことは、BP氏の滞在しているオーストラリアと状況が酷似しているということ。

・カードショップが無い
・パックが極端に高い
・カード自体取り扱っている店が少ない。

話を聞くだけで、しかも日本国内の状況しか知らなかったわけで、今回の遊戯王購入計画を進めていくにつれて、その現状を身をもって知ることが出来たわけで。


ちなみに、フランス・パリでも探してみましたが、あの町は観光客目当てのブランドばかりの町で、その手の店は一切見ることがありませんでした。
Kioskに位置するような感じの小さな雑貨ショップはありましたが、そこでも取り扱ってませんでした。

雑貨店の所在地を聞いてみると、そうした中心部から離れた郊外になら、あるかもしれないといわれましたが、渡航計画上不可能だったわけでして。

価格に若干のばらつきはあるかもしれませんが、どの店もパックはだいたい8〜900円。ストラクチャーは1500〜2000円までに収まっているようです。


<以下追記>

物忘れもたいがいにしろと自分に言いたくなりますが;

追記です。初日のファドゥーツ土産物屋にサイドラ缶を2つだけ確認
値段は同じです。

最終日のライン川近くのおもちゃ屋には
Collecters Tin 2006 Second stage ウリア缶、ハモン缶を確認。
ネオス缶もありましたが、サイドラ缶までは未確認。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

なんかバトンが来てた

最近、課題が忙しくて全然回れてませんでした。
気付いたのは二日後とかダメジャン;

ってことで、やってみましょ


続きを読む
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

エアーマン地雷には気をつけましょう

Vジャンプ5冊買った内、3冊がミシン目の下にカードが来てました。
切り取るときは要注意。

知らずに切っちゃうと・・・・・(((゜□゜;;;)))ガクガクブルブル


そんなこんなで、エアーマンをどう料理しようかなーって事で、思いつきを詰め込んだだけのデッキを組んでみました。

デッキ名<<エアーキング>>

【モンスター】16枚
E・HERO オーシャン
E・HERO エアーマン 3枚
E・HERO ワイルドマン
魔導戦士ブレイカー
D.D.アサイラント
異次元の女戦士
サイレントソードマンLv5
召喚僧サモン・プリースト 2枚
聖鳥クレイン 2枚
聖なる魔術師
パペット・キング 2枚

【魔法カード】15枚
押収
天使の施し
大嵐
サイクロン
増援
戦士の生還
早すぎた埋葬
収縮 2枚
月の書
貪欲な壺
地砕き 2枚
強制転移
洗脳−ブレインコントロール

【罠カード】9枚
破壊輪
激流葬
ミラーフォース
奈落の落とし穴 3枚
リビングデッドの呼び声
神の宣告 2枚


ひとまず40枚。フェニックスブレード入れて42枚でも良かっただろうけど、まわしてみなきゃ解らないですね。


コンセプトとしてはサモプリからエアーマンを出してのデッキ圧縮と、クレインのドロー効果の2本柱を中心に戦士族で構成。

主な展開は
サモプリ>エアーマン>サーチ効果でエアーマンor他のE・HEROを手札へ
サモプリ>クレイン>ドロー効果

守りきれるのであれば、サモプリでオーシャンを呼び、スタンバイフェイズで墓地のヒーローを拾うのもあり。

サモプリ>クレインは定番の手段。ドロー効果で圧縮を狙うが、サモプリ効果でエアーマンのサーチ効果をとるか、クレインのドロー効果をとるかは、その時の手札と場によって使い分けていくべきだろう。


パペットキングの搭載は、今後増えるであろう「デッキから手札へのモンスターサーチ効果」に対して効果的と言える。現段階で、デッキから手札にドロー以外の方法で手札に加える手段といえば、ガジェット、増援、クリッター、ゴブリンゾンビetcがある。

特殊召喚後に破壊される可能性もあるが、墓地からの召喚も可能なので蘇生制限を受けることはない。また自分のターンで攻撃が通せる状況であればそのまま突貫してもいい。仮に炸裂装甲、ミラーフォースを食らったとしてもエンドフェイズには墓地に送られるのでさほど問題はない。ただし、場合によっては、場ががら空きになり相手の攻撃が通ってしまうことも考えられるので、通常召喚を行う場合は必ず攻撃が通ると確信できる時以外は、MF2で行うほうが無難と言える。

特殊召喚するタイミングにもよるが、注意しておきたいのが破壊輪や、ブレインコントロールといったところ。破壊輪の場合は、まともに食らえば攻撃力2800がそのままLPダメージとして帰ってくる。神の宣告との兼ね合いを考えるとどうしても防いでおきたい所。また、ブレインコントロールで奪われることも考えられる。

そこで、同デッキに搭載されている月の書で回避、もしくは収縮によるダメージ軽減を狙うか、または別の手段を講じる必要が出てくる。
これはパペットキングだけに限らず、ゲーム後盤においてどのモンスターであっても同じことが言えるので念頭に置いたほうがいいだろう。

墓地に落ちたパペットキングについては、前述したように蘇生制限を受けないので、墓地からの特殊召喚は可能。また戦士の生還で手札に戻し、再度効果による特殊召喚を狙うのもありだろう。

あと、これはまだ推測の域を出ないが、特殊召喚により破壊が確定しているパペットキングを強制転移で相手フィールドに送っておいて、エンドフェイズで破壊させ、アドバンテージをとるという方法もあるが、まだ入手できてない段階なので何ともいえない。


ほとんどパペキンのお話になったような・・・。
エンドフェイズでの破壊はデメリットではなく、むしろメリットの予感。
スピリ転移まがいのこともできるし、特殊召喚後に生け贄に使うのもあり。墓地に落ちたって生還さえあればもう一度効果使えるし、蘇生制限も受けない。エアーマンが出たことでパペキンの効果が使いやすくなるかも。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

一陣の風によるお触れ対策

(8/12 記事大幅に修正。赤字部分が追加箇所)

・・・についてちょっと真剣に考えてみる。

今回のCDIPで、一陣の風などとゆー代物が出たので、何か使い道は無いか考えた結果、バーンに行き着いた。

まあ、バーンならチェーン3は比較的組みやすく、罠メインだから、お触れチェーンの時点ですでにチェーン2、その次に即一陣の風をチェーンできるということもあって、バーンの新しいサイドのお供として注目できるだろう。

ただ、問題なのは相手のお触れチェーンにピンポイントで一陣の風をぶつけられるか。


こちらがバーンという構成で行けば、サイドで相手はお触れを積んでくる。そこが一陣の風をぶつけるチャンスになる。
大抵の場合であれば

【順序1】
(自分)何らかの罠を発動:チェーン1>(相手)お触れ発動:チェーン2>(自分)一陣の風:チェーン3

【順序2】
(相手)お触れ発動:チェーン1>(自分)何らかの罠を発動:チェーン2>(自分)一陣の風:チェーン3

この2通りの順序で一陣の風をチェーンすることができる。
仮にこの間に相手が何らかのカードをチェーンしてきたとしても、それが同名カードであったり、カウンター罠で無い限りは、問題なく発動できるだろう。


しかし、一陣の風を積んでも対応しきれないのが、初ターンエンドフェイズにおけるお触れの発動である。

そもそも、上記の記述にある発動順序は、罠カード、もしくは構成により搭載されている速攻魔法などによって「チェーンをくみ上げる事」が前提なわけで、しかも相手が何らかの動作を起こすことも、前提の一部として組み込まれており、通常のデッキでこの手段を講じるのは難しく、またバーンデッキにおいても速攻魔法を積み込むケースはサイクロンぐらいしか見当たらず、これもまた至難の業と言える。


次に、アドバンテージの問題である。
前述したように、一陣の風は「チェーンを組み上げる事」が前提なため、それだけフィールドアドバンテージを消費するという反面を持つ。したがって、仮に自分で組み上げるとしても、3:1でアド−2となり、相手の動作を含めたとしてもやっと五分五分となってしまう。これでは一陣の風を積む意味がない。アドバンテージを維持しつつ、有効に使うためにバーンが挙げられたのは、アドバンテージを消費する代わりに、付随して相手プレイヤーにLPダメージが与えられるからである。バーンを構成する上で必要な罠カードは、ダメージ系カードと、カウンター系のカード、そして攻撃を抑制するロック系カードである。デッキを構成する上でこれらの割合は個人差はあるが、比較的ノントリガーが多く詰まれる事を想定すると、フィールドアドバンテージと、ライフアドバンテージをあわせてやっとプラスに傾くというわけだ。

ただ、相手プレイヤーの初ターン5ドローにお触れがあった場合は、一陣の風といえども、「チェーンを組むため」のカードが封じられるため、ただの紙切れとなってしまう。

また、ロック完成後のお触れ発動も、盗賊の七つ道具や、神の宣告、サイクロンなどで対応が可能な状態になっている場合が多いため、わざわざチェーンを組む必要もない。ただし、どれも引けていればの話になるが・・・。

以下、赤字部分追記。

お触れ発動中においても、チェーンを組み上げて一陣の風によるお触れの破壊は可能。

お触れのテキストには「発動を無効にする記述」がないため、一陣の風発動条件となる「チェーンを組み上げる事」が可能な上、逆順処理の段階で、一陣の風効果の対象としてお触れを選択し破壊すれば、それ以降の処理においてはお触れが存在せず、罠カードの効果無効化が適用されない。

したがって、チェーン1、チェーン2に乗せた罠カードの効果は無効化されず適用される。


こう考えてみると、初ターンエンドフェイズでお触れが発動されたとしても、この手段であればお触れを破壊できるだけでなく、チェーンとして組んだカードの効果も適用されるので、バーンでの運用においてはやはりサイドに、場合によってはメインから積んでもいいのかもしれない。




さて、それじゃあ一陣の風以外で、お触れをなんとかする方法って何かあったっけ?・・・と考えてみると色々出てきた。

・オオアリクイクイアリ
・ハンニバルネクロマンサー
・神の宣告
・盗賊の七つ道具
・サイクロン
・サンダーブレイク
・イナゴの軍勢
・罠はずし


【オオアリクイクイアリ】
<メリット>
お触れ発動中の役立たずカードを墓地に送って召喚。
攻撃する代わりに相手フィールド上の魔法・罠フィールドカードを1枚破壊するので、これでお触れを狙うことができる。

<デメリット>
通常召喚が出来ないことと、バーンに蘇生系を積むだけの余裕がないことから扱いづらい。召喚のための魔法・罠カードも、ほとんどのカードが除去やダメージ系で構成され使用されるため、召喚のために費やすことも難しい。


【ハンニバルネクロマンサー】
<メリット>
ブレイカーの罠カード限定版。ブレイカーと同じくカウンター除去で罠カード破壊を狙えるので使いやすい。また、守備力も割かし高く、中堅までの壁としての性能にも期待できる。

<デメリット>
欠点までブレイカーと同じだが、効果は一回のみの単発効果。見習い魔術師など、カウンターを新たに乗せる効果がなければ、連発は不可能。


【神の宣告】
<メリット>
ライフコスト半分で罠、魔法、召喚、特殊召喚までを食い止められる。カウンターなので同じカウンターでない限りは止めきれるので確実性が高い。

<デメリット>
ライフコスト半分の支払いがきつい。ゲーム後盤になると、七つ道具よりもこちらが使いやすい。序盤から中盤にかけての使用はできるだけ避けるべし。


【盗賊の七つ道具】
<メリット>
1000ライフポイントという比較的軽めのコストで、罠カードをとめることができる。ゲーム序盤で、あまりコストの使えない時には有効性を発揮する。

<デメリット>
ライフポイントが減ってくるゲーム中盤から後盤にかけては、1000ライフポイントの差が大きく勝敗に影響するため、できるだけ序盤で使い切っておきたい。


【サイクロン】
<メリット>
汎用性の高さは周知。言わずもがなってとこ

<デメリット>
制限故に1枚しかデッキに搭載できない。お触れは3枚搭載できるので、仮に1枚をピンポイントで破壊できても、すぐに2枚目、3枚目を発動されると対応できない。


【サンダーブレイク】
<メリット>
魔法・罠だけでなく、モンスターも破壊対象に選択できる。

<デメリット>
手札一枚をコストとすることや、自身が罠カードなため、発動まで1ターン置かなければならず、その間にお触れを発動されてしまうケースも。


【イナゴの軍勢】
<メリット>
反転召喚で、相手魔法・罠フィールド上のカード1枚を破壊でき、かつ裏守備に戻すことも出来るため、繰りかえし効果を使用できる利点がある。

<デメリット>
抹殺の使途で除外されてしまったり、効果発動のための反転召喚が激流葬などのトリガーになってしまが、比較的カウンターで補える範囲ではある。


【罠はずし】
<メリット>
魔法カードなので、お触れの発動云々に影響されることなく発動することができる。用途は制限されてしまうものの、お触れ発動中であれば行動を制限されることはない。仮に手札で腐っても、手札コストを必要とするカウンター罠のコストとしても使用できる。

<デメリット>
通常魔法なので、どうしても1ターン遅れてしまう。また表側表示で存在する罠カード限定のカードなので、こうした特殊なデッキ以外での用途はほとんどないと考えていいだろう。



と、こんな感じで考えてみましたが、正直一陣の風ってこういう使い方しか出来ないような気がする・・・。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 10:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

カードの整理整頓

・・・って、皆さんどうされてるんでしょうね。

カードの整理整頓をしやすいストレイジボックスが売られていたりもしますが、カードを詰め込むだけでは、やはり新しいデッキを組むときに必要なカードを探し出さなきゃいけないわけで。

それなら最初からわかりやすいようにしてしまえばいいじゃない。と思いついたのでやってみました。


DSC00245.JPG


これがそのケースですが、ケース自体は100円ショップで買えるCDケース入れです。

ちょっとスペースにあまりがあったので、内側にゲージを作ってカードががさがさ動かないように。

あと、スリーブのてっぺんにインデックスを付ける事で、イチイチ出さなくてもカードを確認できたり、出すときのツマミにもなります。


DSC00246.JPG


こんな感じに纏めると、いざ欲しいカードがあったとき、すぐに見つけやすいという利点があります。50音順にもしてますし。


DSC00247.JPG
オマケ(何

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

9月制限改定予想

<8/5 追記・修正 8/6再修正>

9月の制限改定も近づいてきました。
今の環境を鑑みるに、次の制限はどうあるべきかを考えていこうと思います。

・押収:制限→禁止
いい加減この手のハンデスカードは消すべき。
つーか強すぎるよ。1000ライフ支払うだけで、相手手札を見れて1枚指定して捨てれるって強すぎ。

・リミッター解除:制限→禁止
キメラの呷りを受けて、搭載率が高め。ガジェの一成攻撃とかたまったもんじゃないよ。機械族であればとりあえずどこでも打てるって言うのがきちぃ。

・強奪:制限→禁止
これもそろそろいいかもしれない。強奪&月の書orツクヨミのコンボは有名かつ凶悪。

・巨大化:制限→禁止
こいつも禁止でいいや。キメラテックだして巨大化装備とかもういいですよと。1キル要素を持つカードは悉く制限とか禁止にすべき。

・デビルフランケン:無制限→制限
こいつが今まで制限に引っかからなかったのがおかしい。制限でも生易しいくらい。

・未来融合:無制限→制限
キメラ1キル阻止第一弾。まずここから手始めに・・・ですね。

・オーバーロードフュージョン:無制限→制限
キメラ1キル阻止第二弾。未来融合とセットで制限にすれば、キメラ1キルの威力も下がってくれる・・・かもしれない。

・おろかな埋葬:無制限→制限
バブーンデッキの中心核を担うカードのひとつといえばコレでしょ。デッキから墓地に落として効果発動可能状態に簡単にもっていけるんだから、バブーンを制限にしにくい事情を考えると、こいつを制限にしてスピード落としてきそう。おろかがなければバブーンは引くしかないわけだし。

・森の番人グリーンバブーン:無制限→準制限
1000ライフ払えば墓地から手札からすぐに出てくる事実上上級とはいえないモンスターも、制限にしてしまえば速度落ちるけど、Vジャンの定期購読カードが制限食らうならと、申し込みが減る可能性も考えると、商売第一のお方らからすればあってはならないわけで。準で収めて、一緒におろかを制限にすることでスピード削ってきそうな気がする。

・サイバードラゴン:無制限→準制限
本当は制限でもいいんだろうけど、そうなるとサイバーエンドの召喚が困難になるため、プロトサイバーとの兼ね合いを考えると、妥当なのがコレ。9月発売のストラクチャー「機械の叛乱」にも入るかも知れないし。もしかしたら制限かからないかもよ?

・レッドガジェット、イエローガジェット、グリーンガジェット:無制限→準制限
制限入りの声が大きいけど、この3枚も「機械の叛乱」への封入が濃厚って話をちょこちょこ聞いたりする。商売を第一に考えるコナミであれば、ストラクチャーが売れないのは困るわけで、でも制限掛けなきゃまずいってことで、両方とるとこうなっちゃう。

・天使の施し:制限→???
正直施しはどうなるかわかんない。まあ、禁止に戻してもいいんだろうけどさ。暗黒界が強いからって言う人も居るけど、今の環境で暗黒界使って上位まで上がってくるやつってどれだけ居るのよ?って話。


まあ、他にもあるんだろうけど、とりあえずはこんな感じかな。
後で追加するかも・・・。
以下、追記>8/5
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 04:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。