2006年12月27日

【デッキ】ライトスフィンクス【レシピ】

先日のアバターは本当に疲れた。
というか、生け贄3体稼ぎつつ、いざ出してもフィニッシュが決められないのでは意味がない。しばらく保留

ってことで、アバター生け贄稼ぎの副産物としてこんなものを作りました。


モンスター(19枚)
放浪の勇者 フリード×3枚
激昂のミノタウルス×2枚
虚無の統括者(ヴァニティー・ルーラー)×2枚
ボルテック・コング×3枚
スフィンクス・テーレイア×3枚
スフィンクス・アンドロジェネス
ジェルエンデュオ×2枚
アンドロ・スフィンクス×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×2枚
非常食×2枚
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
神秘の中華なべ
次元融合×2枚
ハリケーン×2枚
サイクロン

罠(8枚)
聖なるバリア−ミラーフォース−
光のピラミッド×3枚
激流葬
異次元からの帰還
つり天井×2枚


あまり使われることのない劇場版カードのデッキです。
先日のジャンプフェスタで「ボルテック・コング」が登場したので
それの試験的な運用も兼ねています。


・劇場版カードたち
やっぱり扱いにくさが一番の原因だろうか
1ターン待ってもらえず、即座に地砕きを食らっていたかつての環境とは違って、今ならまだ生存率が高そうなので採用してみた。
ぶっちゃけ除去カードがなければ、単純戦闘でぶち壊すのは難しいが、ライボルなんて代物もあるので、そこらへんはタイミング。むしろ最終兵器出しやすくていい。

・虚無の統括者
自身の特殊召喚は出来ないものの、自分だけ特殊召喚できてしまうヤツ。
都合よくも光属性の天使族なのでジェルエンデュオ1体で出せる。

・ジェルエンデュオ
アタック機能つきマシュマロンといったとこだろうか。でも、ダメージを食らえば即座に破壊なので、モタモタしないでさっさとルーラーの餌にしてしまったほうがよさげ。

・ボルテックコング
ジェンフェス初登場初オリジナルのカード。光属性カードがあればその枚数だけ相手デッキのカードを墓地に送れるのでスフィンクスたちのアタック待ちまでの間は、こいつでデッキデスでもしておくのが吉。攻撃力1800とアタッカーとしてはトントン。

・若かりし頃のフリード
モンスター除去の要。墓地に落ちた光属性モンスターを除外することで次元融合のスイッチを決めやすくする。

・激昂ミノ
都合よく、構成モンスターのほとんどが獣族。攻撃力が高くても壁を並べられては劇場版カードの高攻撃力を活用できないので、コイツで穴あけ。ボルテックコングの効果を無理矢理通すことも出来るので、ある意味切り込み隊長的存在。

・非常食、ハリケーン、つり天井、激流葬
劇場版カードの最終兵器、スフィンクス・アンドロジェネスの召喚の要となるカード。同時に破壊って考えると多分こいつらかなぁと思う。ハリケーンでピラミッドを戻しても破壊されて除外されるので、それだけで条件満たせるし、次元融合に繋げられる。この後のアタックがほぼ決まる状態で出せれば最高。

・次元融合、異次元からの帰還
モンスターの大量展開なら次元融合、生け贄を揃えたいだけなら異次元からの帰還、今回は役割をすっぱりと分けました。でないとスフィンクスは召喚ターンにアタックかけられないので、攻撃が通った後に追い討ちで発動っていう手段が使えない。アンドロジェネスの召喚キーにもならないので、LPコストを考えると全然見合わない。なのでやるなら生け贄稼ぎか、中華なべでLP確保。


状況的に考えて、どこかにスナイプストーカーを入れてもいい。フリードとスナイプストーカーを積んで、除去率上げちゃうわけだけど、そうなるとボルテックの効果が生かせないっていうのもあるので、逆に数減らしちゃう手もある。入れるとするならそれぞれ2枚ずつ。獣族じゃないから貫通効果も見込めないという理由もあるので、それを考慮してもスナイプストーカーは2枚が妥当だと思う。

1ターン待たないといけないという制約は変わらないので、あえて魔封じの芳香で魔法発動を1ターン遅らせるという方法もある。そうなると、永続罠を積み込んでウリアも・って考えるとそれも面白そうだけど、また別の話。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

【デッキ】推理Dアバター【レシピ】

アバターって実際どうよと真剣に考えてみた。そんなデッキ。

メイン(41枚)

モンスターカード(20枚)
邪神アバター×3
混沌の黒魔術師
マシュマロン
ダンディライオン
黄泉ガエル
ジャイアントウィルス×3
D-HERO ドグマガイ
D-HERO ダッシュガイ×2
D-HERO ダイヤモンドガイ×2
D-HERO ドゥームガイ×2
E・HERO エアーマン×3

魔法カード(18枚)
貪欲な壺
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
ライトニングボルテックス×2
増援×2
デステニードロー×3
デビルズ・サンクチュアリ×2
名推理×3
我が身を盾に
スケープ・ゴート

罠カード(3枚)
和睦の使者×3


ドグマガイを展開してLP半分まで削りながらアバター出してフィニッシュなデッキ。
展開速度はそこそこ。アバターは出てくるの結構早いので、問題は出てから2ターンで勝負を決められるかどうかというところ。まだ改善の余地はあり。

では構成物質の解説(何

・アバター
無論3積み。重いかもしれないけど、邪魔ならライボル、施しで捨ててもいい。展開準備が意外と早く整うので、常に手札に握っておきたい。

・マシュマロン、ダンディライオン、黄泉ガエル
優秀な壁&生け贄要員。とにかく生け贄が欲しいならちょうどいい素材。

・ジャイアントウイルス
こちらも生け贄要員。死デッキの媒介にもなるし、破壊されれば場に2体出せる&ダメージが入る。これが決まるのと決まらないのとでは、ドグマ効果でのLP半減に結構な差が出る。

・D-HEROたち
主力はドグマガイ。3体生け贄が必要ながらも特殊召喚なので、羊トークンで出してやれるので結構早い。特殊召喚でとにかく生け贄要員を揃えないといけないので、ダッシュガイは必須。Dドローで落として下拵え。ダイヤモンドガイはアバター召喚の促進、モンスター除去、ドロー強化の要として。ドゥームは使用済みダッシュと、ダイヤ効果の再利用要員。

・E・HEROエアーマン
やっぱり強い。ここからD-HEROにつなげればエンジンをかけやすい。

・デビルズサンクチュアリ
ダイヤガイで落としても、手札から使ってもお手軽に生け贄を稼げる。
死デッキ要員にもなるし、場ががら空きになりそうなときには出しておきたい。

・我が身を盾に
アバターは戦闘においてはこと無敵、効果継続範囲内であれば魔法・罠は使えないけど、モンスター効果で破壊される可能性があるので、場もち補助として欲しいところ。と言ってもモンスター除去効果を持つ効果モンスター自体そうそうあるわけじゃないので1枚だけ。


ざっとこんな感じ。
何回か組んでは崩して組みなおしを繰り返してきた結果。でもまだ改善の余地あり。
ちなみに、今まで採用してきたカードで面白そうだと個人的に思ったものもあるので以下に。

・デビルフランケン
単純に究極竜とか、サイバーエンドとアバターを並べたかっただけ。
でも入れておくと強い。効果使用後は生け贄で美味しく頂いちゃいましょう。

・ナーガ&モンスター回収
これはちょっと盲点。ナーガ効果でデビフラとか出しておけば、効果使用後に即生け贄に使えるのでありといえばあり。
ちなみに、ダッシュガイ効果使用可能状態で、ドローフェイズにモンスター回収を行った場合、モンスター回収効果でドローした手札にモンスターカードがあればダッシュガイ効果で場に出せます。事務局OKしました。
その際の処理はこうなります。

ドローフェイズ時
ドロー後、モンスター回収効果発動
  ↓  ↓  ↓  ↓
この時点では、モンスター回収のみチェーンブロック発生。
効果処理時に場のナーガと手札をデッキに戻してその合計分ドロー
  ↓  ↓  ↓  ↓
効果処理後新たにチェーンブロック発生。
ナーガは強制効果なので以下のようにブロックが組まれます。

チェーン1:ナーガ
チェーン2:D-HEROダッシュガイ

効果処理開始

チェーン2:D-HEROダッシュガイ効果で特殊召喚可能なモンスターが手札にあれば公開し特殊召喚。
チェーン1:ナーガ効果でデッキからレベル3以下のモンスターを特殊召喚。

となります。

モンスター回収効果でダブルコストンとアバターが手札にくれば、そのターンに融合モンとアバターを並べることも可能です。

・ダブルコストン
アバターを低コストで出すには必要不可欠だと思っていたんですが、どうでもいいときに手札にくると紙クズ同然。アタッカーとしても若干力不足。むしろ実戦ではダブルコストンよりも、黄泉ガエルなど低レベルモンスターを生け贄にすることが多かったです。


え?サイド?
そんなものかんgゲフンゲフン

メインすらできてない状況でサイドとか考えられないです。
試験的なデッキであれば、総入れ替えで別のタイプに変えられるようにしてみてもいいかもしれません。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

フォーラムスリーブについて

情報が限りなく少ないフォーラムについて、決着がつきましたのでとりあえず新規記事で。

フォーラムスリーブは「ゲームに使用するための商品」ではないのが結論です。


前の記事にもありますように、メーカーは一定のサイズで生産していないということで、以前にもMTGの大会でジャッジがフォーラムはダメみたいな判定を下してるそうです。

スリーブに詳しい店長さんとお話が出来ましたのでお聞きしたところ、
MTG、遊戯王などの公式大会で使用するのに問題の無い精度のスリーブは
やのまん、KMCあたりが確実だそうです。

ウルトラプロ、フォーラムの場合、ウルトラプロは日本代理店も無く、海外から直接入荷しているため、何らかの問題が発生した場合は客側の手間になり、フォーラムについては決まったサイズで作って居るワケではないということを了解の上で商品を卸しているそうです。

硬さで有名なフォーラムですが、残念ながら大会で使用する上では問題のあるものだということです。


今回の件について、対応していただいた各部署の方々には大変感謝しております。


ああ・・・、新しいスリーブ探さなきゃ・・・;

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【カード】フォーラムスリーブ【サプライ】

カードゲームをプレイする上では避けることの出来ないアイテム、
それがスリーブです。


現在、様々な会社から製造・販売されているスリーブですが、
皆さんは「フォーラムスリーブ」という代物をご存知でしょうか?

ハードタイプのスリーブの中では、おそらく現存するスリーブでは最強の性能を誇るであろうフォーラムスリーブ。

ですが、今回そのスリーブをめぐってトラブルが発生しました。


IMG_1333.jpg

これが今回の原因となったフォーラムスリーブです。
私が愛用しているのはクリアタイプのものです。

このスリーブは硬さで有名で、多少のカードの反りもスリーブの硬さで修正してしまうという代物。
プレイの多い人にとっては、消耗品であるスリーブの購入代金もバカにならず、出来るだけ長持ちするものがほしいというのが理想です。

さて、このスリーブが問題なのはどこなのか・・・。

それはサイズです。


スリーブはあらかじめサイズが決められて製造されています。

【メーカー】 【スリーブタイプ】  【サイズ】 【値段】 【枚数】
コナミ純正    クリアタイプ   横64×縦92  250円  100枚
コナミ純正   ホログラフタイプ  横62×縦91  630円  100枚
ウルトラプロ カラー、イラスト付き 横67×縦92 300〜500円 50枚
ウルトラプロ 箱入りハードクリア  横66×縦92  840円  100枚
やのまん   薄手のクリアタイプ  横66×縦93  200円  100枚
やのまん   カラーハードタイプ  横66×縦93  480円  100枚  
やのまん   クリアハードタイプ  横66×縦93  280円   75枚
KMC      ハードタイプ   横66×縦92  350円  100枚
KMC    ハードタイプミニ   横61×縦85  300円   50枚
ホビージャパン  ハードタイプ   横66×縦93  280円  100枚
フォーラム  クリア・カラー両方  横66×縦94  735円  100枚


他にもあるでしょうが、現在のところスリーブのサイズ、値段、枚数は
こんな感じです。

どのメーカーも機械生産で、かつ販売時にはそのサイズに統一性をもたせています。まあ、一部例外はありますが、それはまた別のお話で。

さて、今回問題になっているフォーラムスリーブですが、
このメーカーは機械生産ではなく、手作りによるものです。
したがって、サイズの違うスリーブがいくつか出てくるのは仕方ないねって話。

それはウルトラプロのハードタイプスリーブでも同じことが言えますが、問題なのは『そのサイズの違いが箱単位であること』です。

消費者としては、同じ商品名で販売されている以上、同じ品物を提供して欲しいという気持ちは強いはずです。しかも、それがカードスリーブであるならなおさらです。

ではその違いについて写真で見てみましょう。

IMG_1334.jpg


IMG_1335.jpg

まず1枚目、手前の短いほうが横66×縦94のスリーブです。
後ろの幅のあるほうはサイズが横67×縦93でした。

続いて2枚目。長いほうが横66×縦94のスリーブで、短いほうは横66×縦92のスリーブです。

手作りなので、多少のサイズミスがあるのは仕方のないことだとは思いますが、それもコンマ数ミリが許容範囲。写真の代物は明らかにミリ単位で違いがあります。これが箱単位でありました。100枚全てが66×92、67×93という感じです。

はっきり言います。

これはゲーム用としては使えません


スリーブのサイズがどれだけ大事なのかは、実際にプレイされている方は良くわかるはずです。

同じ商品名で購入したのにスリーブのサイズが違う。同じ商品名だから、同じ商品が入っていると考えるのは消費者の心理としては当然のことです。
それがカードスリーブとなるとなおさらで、どういう問題が起こるか一目瞭然です。

はい、大会で使用した場合、マークドとして相手プレイヤーから指摘されます。
ジャッジからペナルティを与えられる場合もあります。ゲームによっては最悪失格もありえます。

スリーブっていうのはゲーム進行を円滑に行う上で、最も重視しなければならないものです。色や素材という問題ではありません。その外観や手触りから特定のカードが判明してはならないのです。

そもそも、手作りにそんな精度を求めるのもどうかとは思いましたが、カードゲームのサプライ商品として販売している以上、サイズに関しては重要視していただかなければならないのはメーカーとしては当然のことと思います。


今回のこの件について、フォーラムの販売店に問い合わせをしてみました。

販売店側では特にサイズを測っていない(つまり検品はしない)でそのまま販売されているようです。そもそも、メーカーと販売店は関係のない会社でした。

こちら、実店舗もありまして、私が購入したのもそのうちの1店舗、大阪日本橋にある○○○ってショップです。(名前は出しませんがわかる人はわかりますよね)

さて、電話を入れたのが午前11時ちょい。
オペレーターさんが、○○○に確認を取りますといってから、かれこれ5時間でしょうか、返事が来ません。

仕方ないので電話してみると、どうやらショップ側に任せちゃったそうで、そちらから電話が来ることになってるそうです。
本当に適当なショップですね。○○○は(汗

仕方ないので、サポートの方でお話をしてもらい、メーカーにも問い合わせてもらいました。その際のメーカーの言い分が「特にサイズを決めて製造しているわけではない」というもの。



(゜□゜)ポカーン・・・・


ハァ(´д`)y-~~~<ダメだこりゃ


どっかいいスリーブないかなぁ・・・。
ハードクリアタイプで、ウルトラプロのハードクリアタイプ並みの固さのやつ。
出来ればサイズは66×93が良好。どなたかご存知の方は情報お願いします。

フォーラムが手に入れば全面変更とかしないで済むんですけどねぇ・・・(´д`);;

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

海外遊戯王探索〜ヨーロッパ版〜

【11月22日追記】

11月12日から、今日の21日まで、学校の海外研修でヨーロッパまで行って来ました。

行き先はスイス、リヒテンシュタイン、ドイツ、フランスの4ヶ国。
一応、観光の時間ももらえたので、そこである計画を実行に移してみました。

「海外の遊戯王を土産に買ってこよう」

海外での販売事情云々については、以前にBPさんより聞き及んだ限りですが、まず実際に探してみた結果このようになりました。


11月13日(月)
リヒテンシュタイン侯国 首都:ファドゥーツ市内土産物店2F

Dark Beginning2 7.90Cフラン 日本円:約790円
Collecters Tin 2006 E・HEROネオス缶 44Cフラン 日本円:約4400円


11月15日(水)
スイス共和国 都市バーゼルへの移動中のサービスエリア内土産物屋

スターターデッキペガサス
ストラクチャーデッキ戦士 共に16.90Cフラン 日本円:約1700円
The Lost Millenium
Power Of The Duelist
Enemy Of Justice
Elemental Energy 4つとも9.90Cフラン 日本円:約1000円
Dark Revelation2 8.90Cフランのところを売り切りセールで6.90Cフラン 日本円:約700円


同日 スイス共和国 バーゼル市内 TVゲームショップ

ストラクチャーデッキ恐竜 18Cフラン 日本円:約1800円
Collecters Tin 2006 E・HEROネオス缶 36Cフラン 日本円:約3600円

また、ここの市内で多数Kioskを見かけましたが、どこも遊戯王を一種類だけですが取り扱ってました。

種類はTLM、EOJの2種類。
価格は7.90Cフラン 日本円:約790円


11月16日(木)
スイス共和国、バーゼル市内 ライン川近くにあるおもちゃ屋

ストラクチャーデッキアンデッド、ドラゴンを除く全てのシリーズを発見。
それぞれ各18.90Cフラン 日本円:約1900円

各パック
SRLからPGDまで英語版
SOD以降POTDまでドイツ語版 各7.90Cフラン 日本円:約800円


【11月12日時点 円レート】
スイスフラン:1CHF/99円 ユーロ:1E/155円
発見したカードは、最終日の半数の英語版を除き、全てドイツ語版で1st


まずわかったことは、BP氏の滞在しているオーストラリアと状況が酷似しているということ。

・カードショップが無い
・パックが極端に高い
・カード自体取り扱っている店が少ない。

話を聞くだけで、しかも日本国内の状況しか知らなかったわけで、今回の遊戯王購入計画を進めていくにつれて、その現状を身をもって知ることが出来たわけで。


ちなみに、フランス・パリでも探してみましたが、あの町は観光客目当てのブランドばかりの町で、その手の店は一切見ることがありませんでした。
Kioskに位置するような感じの小さな雑貨ショップはありましたが、そこでも取り扱ってませんでした。

雑貨店の所在地を聞いてみると、そうした中心部から離れた郊外になら、あるかもしれないといわれましたが、渡航計画上不可能だったわけでして。

価格に若干のばらつきはあるかもしれませんが、どの店もパックはだいたい8〜900円。ストラクチャーは1500〜2000円までに収まっているようです。


<以下追記>

物忘れもたいがいにしろと自分に言いたくなりますが;

追記です。初日のファドゥーツ土産物屋にサイドラ缶を2つだけ確認
値段は同じです。

最終日のライン川近くのおもちゃ屋には
Collecters Tin 2006 Second stage ウリア缶、ハモン缶を確認。
ネオス缶もありましたが、サイドラ缶までは未確認。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

なんかバトンが来てた

最近、課題が忙しくて全然回れてませんでした。
気付いたのは二日後とかダメジャン;

ってことで、やってみましょ


続きを読む
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

ブログバトン

なにやら、じっぽさんとこから回ってきたので、受け取らぬわけにはいくまい(゜д゜)クワッ


●サイト名を教えて下さい

気まぐれ生活協同組合

●サイト名の由来があれば教えて下さい

ROで所属してたギルドの名前そのまんまw
気まぐれな内容と、気まぐれな更新しかできないかもよ?っていう
意思と掛け合わせた感じ

●サイトジャンルは何ですか?

気まぐれですw
その時書こうと思った事を書くだけ。
特にこれといったジャンルはないですぅ

●サイトのこだわりはありますか?

だから気まぐれ(ry

●このバトンを回す5人

回す人5人もいないよっ(゜д゜三゜д゜);;
ということで、オーストラリアに留学してるブラックマジシャン氏にでも回してみようかなぁと思うココロ


じっぽさん>
ああ、COOPですね、COOP
ぱっぱらっぱ、ぱっぱらっぱ、ぱっぱらっぱ〜♪
ぱっぱらっぱ、ぱっぱらっぱ、ぱっぱらっぱ〜♪
ぱっぱらぱ〜ぱ〜、ぱっぱらぱ〜ぱ〜、ぱっぱらぱ〜ぱらっぱ、ぱっぱらっぱ〜♪
っていうテーマソングのところですね。

生協の白石さんならぬ、生協のじっぽさん(何

お悩み相談なんでもござれ(マテ
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

夏ジャンスーパーツアーその2

【対戦結果】
20戦17勝3敗

かなりいい結果に終わりました。周囲はキメラ1キルを中心に、ガジェ、バーン、その他という感じで分布。

こっちでの大会形式は3デュエル勝てばセットがもらえました。
連続でなくても、3回勝てばもらえ、負けても「おジャマイエロー」がもらえるという親切設定。マッチだと事前に聞いてたんですが、大会当日の案内板に「1デュエル」と書いたシールが上から貼ってありました。早く終わっていいだろうけど、キメラ対策をメインから積んでない限りはきついかも。まあ、デッキ丸ごと変えたり、サイド調整もありとのことなので、カードさえあれば何とかなるかもと、浅はかな考えをしつつも挑戦。

1戦目:○
いきなり身内戦になりました。融合デッキとデッキの内容から、キメラ1キルだったと推測。ホルスLv8を先に展開して勝利

2戦目:○
多分グッドスタッフ・・・っていうのかな、この呼び方で正しいのかわからないけど。裏守備をシルクラで割ったら、なんとマキュラ。

ヘイジャッジ!

Q「対戦中に相手プレイヤーのデッキに禁止カードが入っていることがわかった場合はどうすればいいですか?

A「今回は公式戦ではありませんので、そのカードをゲームからはずして、そのまま続けていただいて結構です」

てか、制限を知らない子がいるのに驚きです。

他にも、列に並んでいる最中に、同族を見かけたと知り合いが言ってたり、開闢が入ってるものも・・・。大丈夫なのか;

3戦目:○
こちらもグッドスタッフ。早い段階でホルス8を展開したので、そのままの流れで勝利

4戦目:○
比較的攻撃力の高いモンスターで構成されてました。ゴブ突、ゴブエリ、ミラージュドラゴンなんかも。それでも何とか押し切って勝利。

5戦目:×
典型的な帝デッキ。引きの悪さも相まって敗北。
プレイヤーの態度も悪く、フェイズ宣言やら確認やらせずに無言でプレイ。
もう少し勉強して出直してください。

6戦目:○
気分一新・・・のはずが、ホルスが来ない。ひたすら来ない。
セイマジとツクヨミで、施しを連発。それでも来ない。
何度施しを回転させたかわからないけど、何順目かでやっとホルス。
その後レベル8を出して勝ち。

7戦目から後はあまり覚えてない・・・;;
寝てない頭でやってたので、ここから先は断片的な記憶しか残ってなかったり;

覚えているといえば・・・

自分ターン:手札にホルス4、我が身、お触れ、見習い、サイドラ。ドローで転移。見習いと我が身を伏せてエンド。
相手ターン:しょっぱなから施し。何を捨てたかは覚えてない(汗)次元の裂け目と魂吸収を発動、異次元の生還者を召喚して見習いに攻撃。効果で見習いを伏せてエンド。
自分ターン:何とかあの2枚の永続魔法なんとかしたいなーと思いつつも、手札には除去カードがない。

(大嵐来ないかなー)

と思ってドロー

あ、キタ

大嵐〜(ぉ

相手ターン:ブレイカー召喚、効果でお触れ破壊。そのままアタックされて、見習い破壊。セイマジを伏せたものの、相手は攻撃せずエンド。
自分ターン:手札を眺めると、ホルスでかろうじてブレイカーは破壊できるものの、生還者をどうにかする手段がない。

(レベルアップがあったらホルス6で潰せるのになぁ)

と思ってドロー

あ、キタ

ホルス4召喚します。レベルアップ使います。ホルス6攻撃〜。


さすが長門ホルス。ハルヒ効果で願望を現実に(違


ひとまず3セット取れたところで、手の空いた知り合いと昼食。睡眠も取れてなかったので、10分間の仮眠の後に、再度挑戦。
昼食中にホルスを友人に貸してたので電話すると「対戦中」らしい。
先に並んで待ったけど、待てども待てども試合が終わらず。なんと終わる前に先に席に案内されちゃったオチ。

仕方ないので、別に用意してきた残り2つのデッキから、除外カオスを使用。ダメかもしれないと思ったのとは逆に連勝。このデッキでの3戦のうち2戦はガジェが相手でした。

後半戦も調子よく○スタンプを集めるものの、ついに2回目のキメラ1キルと遭遇。ホルスを決めた後、相手がサイドラから遺言状でならずを出してきたので、伏せてあった我が身で無効に。この回は勝てたものの、3回目、4回目の遭遇では、同時にガトリングドラゴンを出されて潰されたり、次元融合決められたりと、黒星をつけてしまいました。


それでも結果は5セットとイエロー3枚、ブラック1枚。
残ったスタンプは友人に託してきました。

あとの時間はベンチで雑談。行ってないブースを回ったりしてきました。

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏ジャンスーパーツアー

事前に「キメラが多いんじゃね?」って情報があったんで、ひとまずお触れホルスを組んで突貫。

AM5:20
JR新大阪駅

てか、最寄の駅の始発が15分でこの時間しかないという;
友人はこのとき既に会場入りしてたとか。
電話で聞いたら「10人くらい」並んでいた様子。


AM6:10
ニュートラム 中ふ頭駅
新大阪から乗り継いで到着。
会場入りして、ひとまず朝食。


AM7:30
ひとまず会場の中へ。
友人達がデッキを回し始めたので、自分も持ってきたE・HEROデッキを回して遊んでました。


AM8:45
入場。右手側にデュエルスペースがあったので、真っ先に並ぶ。
どうやら「1デュエル」で勝敗が決するらしい。時間がかかりすぎるってことで変更されたんだろうか。「1デュエル」ってシールが貼ってあったw
しかし、これだとキメラ1キル最強になっちまうわけで。対策してあっても、ほとんど手出しできないという。


PM11:45
開始からもうぶっ続けで回しまくってたので、手の空いた知り合いと昼食に。インテックスってホントつまらない売店しかない。まあ、元々イベント用の会場なので、そうそう人が来るってもんでもないんだけど、せめてファーストフード店は欲しかったなぁ。コンビニすらないし;


PM12:20
昼食を終えて再度挑戦。
空いた時間に遊戯王オンラインとか回って気分転換。


PM4:00すぎ
そろそろ終わりなので〜と列入りも差し止められたので、ジャンプショップとか、アイシールド21のボール入れとか、ブルードラゴンのイベントに並んだりとかして遊んでました。


PM5:00
イベント終了。
会場を出て、ラウンジで雑談


PM6:35
会場自体が閉まるってことで退散。
疲れに疲れた体を引きずって新大阪まで帰還。
みんなで晩御飯食べて、遊戯に対して色々と雑談。

PM8:00すぎ
店の前で解散。皆さんお疲れ様でした。


ちなみに、今日もイベント二日目であるわけなんですが
行きません。しんどすぎw
っていうか、お金もあまり使えないというのもあるし、正直南港まで行くだけで疲れるという始末w

スタンプが2個残ってたので、知り合いに託して最後の1セットをゲットしてもらうことに。

試合内容については別の記事で・・・。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

世界中が阿鼻驚嘆

来週7月31日は世界中が虜になるらしい。

     +遊戯王最新情報!!+
      遊☆戯☆王
      E・HERO
      オーシャン

     ついにあの最強カードが
     登場する!!要注目カードだ!!

     ココを鍛える!!>
     世界中を虜にする
     超絶破壊力!!


・・・・・(´д`)

キメラもひれ伏すほどの超絶破壊力か

そりゃ世界中が虜になるわな。(んなわけないだろ





・・・・・世界では使えないけどさ。



来週7月31日は世界が震撼するらしい。


     国宝級カードをGETだ!!
       とじこみ付録
       遊戯王OCG
     E・HEROオーシャン

     世界が震撼する最強カード!
     この機会を逃すな。


ついに国宝級ときましたか・・・。

来年度の歴史教科書のトップページは戴きだな。


おっと、世界中が震撼するんだっけ。

急いで脱出しないと、日本沈没しちまうぜ(゜д゜)




・・・・だから、んなわけないだろって
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

カレーより愛を込めて(byしえる)

突然ですが、恩義と言うのはとても大切なものです。
他人から恩を受けるというのが、とても嬉しいことだと久し振りに感じました。

今日のお昼のこと。
いつも昼ごはんを買っているインド料理店のオーナーから、「食べてください」とカレーセットをもらいました。

うちのガッコーはオフィス街の真ん中にあって、お昼時となると、スパゲティやら弁当やら、そこらじゅうで路上販売しているんですが、その一角で出店してるインド料理店のカレーをよく買ってました。

最近、梅雨の時期が長いので、弁当だとどうしても中身が傷んだりして危ないんですよね。そういう時に頻繁に買いに行ってたんですが、このおじさん12時50分には店閉めちゃいます。

で、今日は掃除だけだったんで午前中で終わったんですけど、どうせ居ないだろうし、お金もないからと思ってたら、おじさんがぼーっと車のトランク開けて座ってるのが見えたんで、挨拶ついでに「ごめんなさい、今日はちょっと・・・お金がなくて買えないんで、また今度〜」ってふと話したら
「あ〜、いいですよいいですよ。チョット待って〜」といきなりカレーセットの用意をしてくれました。おじさん曰く「いつも買ってくれるからサービス」らしいんですけど。嬉しい反面、申し訳なさが湧くんですよね。なんかせがんだみたいで。そんなつもりはなかったんだけど。

でも、せっかくのご好意なんで断るわけにもいかず、頂いてきました。
この場を借りておじさんありがと〜。ひたすら頭下げてお礼してきたけど、それでも足りないくらいかも・・・。夏休み明けてからも贔屓にしなきゃバチあたりますね^^;
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

日本人プレイヤーに足りないもの

お久しぶりの更新です。
今回は、ブラック・マジシャン氏のブログで公開された記事について書いてみようと思います。

【関連記事】
Reza Azimadeh
Reza Azimadehその2


上記のリンク先の記事で、オーストラリアでも随一のプレイヤーである、Reza Azimadeh氏の遊戯王に対する考え方や、日本遊戯王の現状についてインタビューされた内容が書かれています。

本当に一言では言い表すことのできないほど濃密な内容です。今の日本人プレイヤーに必要なものとは何なのかが的確に述べられています。そして、日本の悪い現状についても一刀両断にされています。全文章を読めば解りますが、海外のプレイヤーがどれだけ真剣に楽しもうと努力しているか、文章だけにもかかわらず、凄く楽しそうにしているのがひしひしと伝わってきました。

だからこそでしょうか、今の日本の現状は見るに耐えません。
大会でのデッキ傾向や、俗に言う壊れカードの普及によるバランスの崩壊、ルールの整備不良といったシステム的な欠点が目立ちますが、これはそれに限る話ではありません。むしろ、プレイヤーの自意識が問われる問題です。

選考会を勝ち抜き、見事代表選手となった4名のプレイヤーの皆さんはぜひともこの記事を読んでおくことをオススメします。本気で世界戦を制する気であるならば必読でしょう。

彼の考え方が海外プレイヤーの総意であるとは言いませんが、少なくとも文化の違いはあれど、その根底にある情熱は同じはずです。しかし、明確にされた目的意識や、その人間性から遊戯王に対する気持ちの強さは、ある意味我々日本人を超えたものがあると認めざるを得ません。

加えて、日本ではデッキ考察や構築技術が進んでいますが、海外のデッキレシピ・レポートを見ると、国内のものに匹敵する量、そして1つのレポートに対しての膨大な考察が公開されています。

これはもはや「海外と日本の遊戯王は違うもの」だとか、「環境が違うんだから関係ない」などと言っている場合ではありません。

氏も述べられているように、海外の遊戯王は日本の遊戯王に確実に、かつ追い越さんばかりの速度で追いついています。国内にだけ目を向けていればいいという時代は、終わりを迎えようとしているのです。

それだけではありません。海外のプレイヤーは等しく上級者=人格者というロジックが成り立っています。対して日本はどうでしょうか。
聞く端々から、反人格者の意見ばかりが舞い込んできます。「予選大会でのイカサマ行為」「他人を馬鹿にした発言」、挙げようと思えばいくらでもこのような意見が挙がってくるでしょう。

日本国内の現状を冷静に見つめてみましょう。どうですか?
穴だらけのルール、強すぎる限定カード、プレイヤーの自意識低下に伴う他人の否定、固定概念にとらわれすぎている等、良い所を挙げるのが難しいくらいですね。

海外では日本をローカルと見られています。遊戯王発祥の地である日本がローカルと見られているところが、当時は漠然としていて理解できませんでしたが、今こうして考えてみるとなるほど納得してしまいます。

もちろん、企業にしか解決のできない問題も山積していますが、我々プレイヤーが解決することのできる問題だってあります。もう一度、個々人が考え直すべき時が来たのかもしれません。

いいですか?

もはや日本が最先端などというのは終わった話です。

環境や文化の違いを言い訳に無視することなど愚の骨頂。


今一度、自分達がどうして遊戯王をやっているのか、最初から考え直しましょう。私達は好きだから始めたはずです。好きなことに必死になるのは恥ずかしいことではありません。むしろすばらしいことです。そして、それを誰も否定することはできません。皆それぞれ好きなことがあって、必死になれるものを持っている。だからこそ他人を否定すれば、自分も否定することに繋がりかねないからです。

全ては認めることから始まり、反論があれば相手の意見を受け止めて自分の意見をぶつけましょう。それが互いに磨きあい、アドバイスし合うことに繋がります。

仲間内とだけ仲良くしていると世界観だけでなく、価値観まで狭めてしまいます。もっと見知らぬ人と積極的に接してみましょう。今まで思いつくことの無かった考えに至るきっかけを掴めるかもしれません。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 14:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ばっちゃが言ってた。

IとTには関わっちゃいけないって
(わかる人はわかります。ヒント:都道府県)
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

楽しさの定義とは〜私なりの見解

せっかくの週末なのに雨と言うのも鬱陶しいですね。
かといって家の中でじっとしてるのももったいないので
今日は贅沢な時間の使い方をしてきました。

最近会ってない友人を誘って、ネットカフェで朝一から5時間マンガを読みふけってきました。ROのアカウント維持のための1Dayチケットも欲しかったので、友人の協力も得て3枚入手。
とりあえずドリンクも飲み放題なので、飲みながら自販機で買ってきたパン耳の揚げ物を加えながら読書w
このパン耳が美味い。なんともいえないジューシーさと表面にまぶしてある砂糖がもう最高(何
この5時間っていうのが長いようで短いですね。まあ、これで1100円というのも凄くリーズナブルで、あまりお金を消費できない私にはとっても助かる料金設定です。


ネカフェで5時間すごしたあと、自転車でどことも無くさまよっていると、ふと思い出しました。遊戯を始めた頃の自分を。
先日のことで久しく忘れていましたが、凄く懐かしく思いました。

私の住んでいるところは都心から離れた郊外で、カードを売ってる店など当然指折りしかなく、友人といろんな店を渡り歩いていました。今日みたいに、雨の中も奔走することがあったりしました。
当時の私はカード資産なんて、言うほどあるわけではなくミラーフォースすら手に入れることが難しかったくらいです。
雨の中、雨の匂いをかぎながら自転車を走らせていると思い出すんです。あの頃が一番楽しかったと。

勝ちとか負けとかどうでもよくて、皆で捜し歩いて買ったカードと手持ちのカードでデッキを組んで遊んでいたときは間違いなく楽しかった。
今はもう忘れてしまったはずの楽しい思い出です。この頃の「楽しかった」には勝つことでしか得られない優越感など皆無で、ただただ純粋な気持ちだったと思います。
加えて、当時はカードの中でも「憧れ」というものがあったような気がします。原作で登場したカード、「光の護封剣」や「聖なるバリア−ミラーフォース」、これらを店頭で販売されているのを見ると、「手に入れるのは難しいなれどいつか手に入れてデッキに入れて使いたい」という憧れにも似た気持ちがあったと思います。こういう「楽しさ」もあるんですよね。

ブラックマジシャン氏の言う今のオーストラリアは、当時の私たちと同じようなものではないかと思います。向こうはカードの種類はあるものの、パックは高くて手に入らないし、大会をやってる場所も無くて売っている店も少ない。カードを欲する人もなんとか安くカードを手に入れようと努力し、そうして手に入れたカードと数少ないカード資産でデッキを組む。これが楽しくないはずがありません。負けたとしても悔しいという気持ちもなく楽しい気持ちだけが残るのもわかります。当時の私もそうでしたから。

今の日本はカード資産も豊富で、いろんなカードがネットでも店頭でも安く手に入り、誰でもいいデッキが作れる凄く環境に恵まれた状態にあります。だからこそ忘れやすいんです。純粋な「楽しさ」を。
田舎に住み続ける人を見ると「どうしてあんな不便なところがいいんだろう」と思うことがあります。これは遊戯王にも同じことが言えるんですね。
カード資産や手に入れる環境、それに順ずる構築可能なデッキ、これら全て今は便利かつ容易になりましたが、何も便利なだけがいいことではないと教えられた気がします。

少しくらい不便なほうがいいんです。カードを売ってる店が少なくて、シングルもなかなか手に入らない。大会をやってるところも1箇所とかソレくらいしかない。だからみんな大切にするんです。頑張って手に入れて、頑張って作ったデッキで遊ぶ。こうしたところでは趣味を同じくする仲間も出会う機会が少ないですから、自然と人間も大切にする。

今の日本は進みすぎたがゆえの不幸に見舞われているような気がします。何でもかんでも便利になったから、金さえ出せば何でも手に入る。だから金にモノを言わせて1枚でも強いカードを寄せ集めて「勝つためならなんでもする」デッキを作る。そんなものに「楽しさ」なんてあるんでしょうか。こんなものを作ってどこが楽しいのでしょう。本当に楽しいのでしょうか。「遊戯王を楽しんでいる」のではなく「遊戯王で”優越感を感じられるから”楽しんでいる」ようになってしまってませんか?勝つことに執心するあまり、「楽しむ」ことに盲目になってしまってませんか?

今では私は当時と比べて資産も増えて、様々なデッキを組めるようになりました。ただ、それでも変わらないのは、「プレイすることを楽しむ」デッキを組もうと心がけていることです。残念ながら、日本の公認大会で通ずるようなファンデッキの完成には至ってませんが、トーナメントではガジェットを使っています。「勝つためにはなんでもする」デッキを使うのなら同類ではないかと取られがちですが、私はガジェットデッキを使うことを「楽しんで」います。大会に出ていろんな人と対戦することを「楽しんで」います。自分自身のプレイングが至らずいつも負けてばかりですが、それでも一手一手ごとに、どうしたら勝てるかと「楽しんで」考えてプレイしています。

大会に出たり、対戦する以上は誰しも勝ちたいものです。ただ、大切なのは「楽しむ」ことです。「勝てばいい」考えだけではいけないんです。他人を不快にさせてまで勝つことに意味などあるわけがありません。

最近の私は始めた頃の「楽しさ」を忘れていたような気がします。
「始めた頃の楽しさ」というのは私だけではなく、誰もが通ってきた道だと思います。楽しむことは簡単です。誰でも出来ます。これだけでは勝てないかもしれませんが、それでもどうか思い出してもらいたい。「始めた頃の楽しさ」が人や環境を最も大切にし、自分を豊かにするものだということを。

今回のことでひとまずは「楽しさ」というものがどういうものか、自分なりの見解を出せたと思います。ただ、間違えないでいただきたいのは、今回の見解を出すに当たって、デッキはあくまで例だということ。私自身デッキが悪いなどとは思っておりません。むしろ問題なのは使い手のほうでしょう。自分が勝ちたいからそんなデッキを作る。凄く悲しいことじゃないですか。ゲームって楽しむものなのに。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

日本人プレイヤーが世界を見ないワケ

近年の遊戯王界は世界展開し、今や巨大なマーケットとなりました。
世界戦も開催され、今年の世界戦はなんと東京は秋葉原で行われることも決定しています。

さて、そうした世界戦はどの国のプレイヤーにとっても、憧れの舞台・・・であるはずなのですが・・・。
どうも日本人プレイヤーは世界の遊戯王には興味はない様子。

そんなこんなで、先日「とある人間のマニア部屋」のブラックマジシャン氏と議論したわけですが、彼は事あるごとに「カードゲームはスポーツだ」と言っていました。この考えに私は賛成です。というのも、日本ではこうしたTCGやTRPGといったゲームは「オタクの趣味」という見方がされています。実際にオーストラリアにいるブラックマジシャン氏によると、オーストラリアではカードゲームは個人のステータスとして見られているようです。

カードゲームはギャザが発祥ですし、創始者もトランプカードを元に作っています。つまり、今存在するカードゲームはすべてギャザを始祖としたトランプゲームの発展上にあると考えていいでしょう。ではここで疑問。トランプゲームをする人はオタクと呼ばれないのに、その延長線上にあるカードゲームを楽しむ人はどうしてオタクと見られるのでしょうか。

おそらくですがカードゲームはトランプゲームよりも多様化されており、かつその題材とされる作品によって、見方が左右されるのではないかと考えています。
つまり、海外では「カードゲームは個人のステータス」という見方でも、日本ではその題材となったものによってはオタク扱いされるということです。

ギャザをやってる人って比較的まともに見られますよね。ガンダムウォーも。でも、遊戯王を含む一部のゲームは子供のやるものだと見られているようで、そういう見方がプレイヤーの意識に「カードゲームはスポーツで、個人のステータスになる」という考え方の妨げになっているのではと思います。


 この言葉が受け入れられない事と、日本人プレイヤーが世界に目を向けない事とは、関連性があるとも考えています。
まず、この言葉自体が日本に根付いていないということ。前述しましたが、日本ではカードゲームはオタクのすることだという見下した見方をされています。それは当然プレイヤー自身の意思にも影響してきます。細かいことは後日別件で語ることとして・・・。

そしてもう一つ、世界戦への門が狭いのではないかということ。日本国内での世界戦代表者選抜は、コナミより提示された期間内でランキング100位以内に入ったプレイヤーが選抜会に出場でき、さらにその上位4名が世界戦代表者になれるため、上位にランクされなければなりません。

もちろん、世界戦に出るためにはまず地方大会でランクを上げていくしかありませんし、100位に入ってやっと選考会に出られるという狭い門ですから、誰にでもチャンスがあるというわけではありません。氏は「もっと世界に目を向けろ」といわれてますが、この様な狭き門では世界に目を向けるどころか、国内だけで十分という考えになっても仕方のないことでしょう。

加えて、コナミとアッパーデックの連携が取れてないことなどもあり、これではますます地方大会で満足してしまいます。そもそも、アッパーデックの要綱を知ったところで、海外でプレイする機会など普通はありませんし、あったとしてもアジア圏のカードはアッパーデックルールにより使用が禁止されているので、出ることもできません。こんな状態ではとても世界に視野を広げてなんかいられませんよね。

ただ、だからといって何もしなくていいというわけにはいかないと思います。何よりも今年の大会は日本で行われます。当然、大会以外でフリーで海外のプレイヤーとデュエルする機会はめぐってくるでしょう。その時に何もしないままでは、大会は今までの二の舞になるでしょうし、礼儀やマナーについても、「いつもと同じ」でやれば当然海外に恥をさらすことになります。海外組のプレイヤーは日本にあこがれているそうです。そんな国のプレイヤーが海外に対し興味がないと知れば、さぞかし彼らはがっかりすることでしょう。かといって、「世界に視野を向けろ」というわけではありません。頭の片隅に置く程度でいいのです。「海外はこんなんだったなぁ」というだけで違ってくると思います。

そして、世界戦出場が可能なプレイヤーの方は今からでも遅くありません、アッパーデックの要綱を少しでも読んでおくべきでしょう。今までの世界戦で日本がことごとく負けたのはコナミとアッパーデックでのルールの違いによるものです。ルールを熟知しないままでは本領を発揮することなどできるわけがありません。あと、英語でのプレイにも慣れる事。こうした英語の勉強はカードゲームだけに限らず、しっかりと自分の実力の一つとして身につくはずなのです。少しでも海外組に負けてはならないと考えるのであれば、こうした活動は必要になってくるでしょう。ここらは氏と同じ考えですね。


「カードゲームはスポーツだ」「カードゲームは個人のステータスでもある」というのはとてもいい考えだと思います。ただ、やはり環境の違いからこうした考えが日本で根付くには時間がかかるだろうし、もしかしたら受け入れられないままかもしれません。かといって今すぐ考えを変えろというわけでもありません。いきなり言われても押し付けとしか思えないだろうし、海外の事情を知らないほとんどのプレイヤーにとっては「関係のない」ことでしょうから。現実とはこんなもんです。寂しいもんですね。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

I like Startreck Voijuor!!

つづり間違ってそうです。特にヴォイジャーのとこw

はきはきとした口調と何事も冷静なセブンさんが大好きです。
無骨で不器用そうなチャコティ副長とも仲がいいというのもツボ。

まあ、類は友を呼ぶといいますが、よくよく考えれば
元々お似合いなのかもしれませんw


さて、今回のお品書き

・偽物注意報2
・大会レポートby4/29

続きを読む
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

夢の中

昨日、というか時間的には一昨日ですね。
寝てる間に見た夢・・・。


時々ですが変な夢を見ることがあります。

夢というのは記憶中枢にある無数の記憶のかけらを
繋ぎ合わせて作り上げるそうですが、
意外と形になってるところが凄いですね。

ただ、寝ている間のことなので、目が覚めれば
当然忘れてしまいます。
まるで泡がはじけるようにね。

でも、時々強く記憶に残ることがあります。
今までで何回かあって、一昨日も
同じものを見たわけです。

具体的にはこんな感じ。


続きを読む
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

4月なのに・・・

雨が降ってます。寒いです。
どうなってるんですかね、ここ最近。
・・・ってことで、バイト先から降り注ぐ雨を眺めつつ更新です。


【お品書き】
・遊戯王のコト
・お店のコト
・英語のコト


続きを読む
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 15:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

伝説のアイテム

世の中には伝説のアイテムがあります。
○ルガメッシュ装備だったり、○空の装備だったり(何

そしてこれも伝説のアイテム。

IMG_0758.JPG

秋葉原名物のレジェンドオブアイテム

それがこのおでん缶です。


今月はじめに、妹の就職活動に同行した際に
秋葉原でゲットしてきました。

秋葉原中のお店で一律250円で販売してます。

なんか、大分前にテレビで見たおでん缶は
自動販売機で販売されてて、チビ太のおでんみたいに
さんかくまるしかくのおでんが一つ入った
桃缶みたいなやつだと記憶してるんですが
実物はシーチキン缶を大きくしたようなもので
何故か萌えイラストが入っていました。


IMG_0759.JPG

これが内容量

7種類の具が入ってるというなかなか豪勢なおでん缶です。
中身はおでんではポピュラーなものを集めた様子。
コレだけでも凄いってのに、さりげなく海洋深層水を使用。

変なところでお金がかかってます。


同じ種類の伝説のアイテムとして
前回紹介したポーションもあります。

あれは別の意味での伝説ですね;

市販品含み、3本までは飲めたんですが
4本目は飲めそうにありません。


○バヤシ「俺たちは・・・とんでもない勘違いをしていたのかもしれない」


○バヤシ「あれを飲んで苦しいのはゾンビだからじゃない。アレこそがゾンビになる根源だったからだ!!」

ALL「な、なんだってーーーー!!!(AA略」


○バヤシ「思い出してもみろ。アレを飲んで平気な人間だっていたんだ。だが何回も服用するうちに、苦しみだした。ソレは何故か・・・・そう、あれこそ回復薬であり、副作用としてゾンビになる液体ゾンビパウダーなんだ!!」

ALL「な、なんだtt(ry」


【判明】ポーション=回復薬兼ゾンビパウダー


posted by ki-pa@りんご飴157号 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

ぉぉおおぉっ!!サンダガァァァ!!!

で、ご存知な方もいることでしょう。
FFでおなじみ、ポーションがついにサントリーから発売されます。

で、どうやら既にフライングしてるところもあるらしく
今日、日本橋に出かけたついでに、売ってそうな店を
しらみつぶしに探してみました。

そしてついに発見。


IMG_0753.jpg


こんにちはポーション(ぉ
写真のは300万本限定の特別版です。

これ、1本600円なんですよ;
化粧箱、特製クリアカード(全27種)
限定瓶(全6種)のセットでコレです。

・・・確かゲーム中では50ギルだったような・・・

【判明】FF通貨レート 1ギル=12円

これからはコレを基準に現実世界でもギルを使ってみてください(ぉ


で、今回は


IMG_0754.jpg


4本買ってきました。

2400円です。200ギルですねw

でもおもっくそ高いです。600円のジュース・・・;


中身はというと

IMG_0755.jpg

化粧箱の中はこうなってます。
涼しげな青色が特徴の瓶です。
通常版も形は違いますが、同じ色の瓶のようです。

瓶の形もカード同様ランダムのようです。
面倒くさいのでフルコンプしません。あまりあっても困りますしねw


IMG_0756.jpg


コレが今日買ってきた分全て。
3本しかないのは、右端のを1個ダブってしまったから。

完全にバラけるようにランダムに取ったはずなのにダブった。
また買うなんて無茶なことは出来ませんw


ちなみに、1本冷やして飲んでみました。

特徴あるボトルキャップをはずして、中にある金属製の封を開けます。
と、ここで一つにおいを・・・

くんくん・・・くんくん・・・・うごぁ!?

瓶の中からはなんとも言えない薬草の匂いがぷーんと漂ってました。

恐る恐る一口

ぐびっ・・・・くはぁ!?

口の中を甘酸っぱさと、薬草臭さが妙なハーモニーをかもしだし・・・
って、ぶっちゃけ美味しいものとはいえません;

これが清涼飲料水。しかも瓶だけでなく、液体の色も青いのです。

でも、現実の世界にポーションなんて存在するとしたら
多分こんな味なんだろうなぁって感じのする味でした。

さて、こいつの通常版ですが
オロナミンCを太くしたようなあの瓶で120ml、191円だそうです。

特別版は瓶の形ゆえなのでしょうか、100mlであれこれと
おまけがついて600円。

高いわ美味しくないわと踏んだり蹴ったり。
期間限定ですが、意外と売れ残ったりしそうな予感。

CMでは残り1本を争って戦闘してたのに・・・orz


このトンデモ飲料ぜひともご賞味あれ。



注)コンビニ店内での戦闘は堅くお断りいたします(ぇ

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。