2013年12月31日

収集カード一覧メモ

女の子モンスターカード未収集一覧(1/24現在)

《エレメント・マジシャン》
《極星天ヴァルキュリア》
《カードエクスクルーダー》


無限回収カード
《ブラック・マジシャン・ガール》

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

シンクロラヴァル〜Ver2〜

モンスター(19枚)
《ラヴァル炎樹海の妖女》2枚
《ラヴァル炎火山の侍女》2枚
《ラヴァルバーナー》2枚
《ラヴァルの炎車回し》3枚
《ラヴァル・ランスロッド》3枚
《ラヴァル・キャノン》
《フレムベル・ヘルドッグ》3枚
《フレムベル・パウン》2枚
《ジャンク・シンクロン》2枚

魔法(15枚)
《封印の黄金櫃》2枚
《増援》
《真炎の爆発》3枚
《強欲で謙虚な壺》2枚
《強制転移》3枚
《我が身を盾に》
《ハリケーン》
《サイクロン》2枚

罠(6枚)
《奈落の落とし穴》2枚
《神の宣告》
《神の警告》
《フレムベルカウンター》2枚

エクストラデッキ
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《アームズ・エイド》
《ギガンテック・ファイター》
《ゴヨウ・ガーディアン》
《シューティング・スター・ドラゴン》
《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》
《スクラップ・ドラゴン》
《スターダスト・ドラゴン》
《フォーミュラ・シンクロン》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《ミスト・ウォーム》
《ラヴァル・ツインスレイヤー》
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
《氷結界の龍 トリシューラ》
《氷結界の龍 ブリューナク》


Ver1から少しだけ変更。

《炎熱刀プロミネンス》や《ラヴァル・キャノン》を減らして、展開力の強化を図ったものです。
除外アドバンテージをサルベージする《ラヴァル・キャノン》のコンボギミックは、《フュージョン・ゲート》による融合軸だと面白い動きをするかも・・・。

エクストラは適当です。好みと環境に合わせて微調整で。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

ラヴァルについて真剣に考えてみた

前回の続き。

元々は《シューティング・スター・ドラゴン》と《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》をスイッチで出そうってロマンから始まったわけで・・・。

この手の大型シンクロモンスターは召喚するために必要なカード枚数が多いために、除去されてしまえば一気に息切れしてしまう傾向にあります。だからこそ、より低コストでのシンクロ召喚が求められるわけです。

そこで、注目したのが《真炎の爆発》。

発動条件もコストもなく、大量にモンスターを展開できるアドバンテージの塊。
呼び出せるモンスターは炎属性・守備力200と限られるものの、大型シンクロモンスター召喚用の要員を実質このカード1枚で一度に用意できるのはかなり魅力的です。
元は【フレムベル】のサポート用カードとして登場したもので、このギミックを使った【スターダスト・ドラゴン/バスター】もかなりの性能を持っています。
【ラヴァル】も同様に炎属性・守備力200のモンスターを擁する種族でこのカードに対応しており、【フレムベル】同様のサポートが受けられます。


【フレムベル】でもいいこの手の構築で【ラヴァル】である必要性を考えた時、
「じゃあ、【ラヴァル】は【フレムベル】と違ってどんなメリットがあるのだろうか?」
という疑問に至ったので、何ができるのかを考えてみることにしました。


一つは、【ラヴァル】は【フレムベル】よりも、墓地肥やしに長けているということ。
【フレムベル】では同種族内に墓地肥やしを行うための効果を持ったモンスターがいないため、必然的に《ライトロード・ハンター ライコウ》や《ライトロード・マジシャン ライラ》といったカードによるサポートを受ける必要があります。
反面、これらは効果の強力さの割にピンポイントで落としたいカードを落とせるわけではないため、「肥やす」行為としてみれば不安定な部分が目立ちます。

一方、【ラヴァル】には墓地肥やしを促進する効果を持ったモンスターがいくつか存在します。

・《ラヴァルの炎車回し》
・《ラヴァル炎火山の侍女》

【ラヴァル】において、墓地肥やしを行う上では中核を担うカードです。むしろ、これがないと機能しません。

《ラヴァルの炎車回し》はさしずめ、ラヴァル版のスクリーチみたいなもの。
効果発動条件として戦闘を介すとはいえ、この効果で《ラヴァル炎火山の侍女》2枚を墓地へ落とせば、このカード1枚で最大で5体4種類のラヴァルが墓地に落ちることになるので、ゲーム序盤では腐りやすい《ラヴァルバーナー》を返しのターンで即座に展開できるようにすることも可能です。

《ラヴァル炎火山の侍女》は発動条件さえ満たしていれば、どこから墓地に送られても効果を発動できるので、前者の《ラヴァルの炎車回し》との組み合わせで墓地肥やしを促進させることができます。墓地に送るラヴァルも条件がないために状況にあわせて送るモンスターを選べるのもメリットの一つです。ただし、任意効果であるためにタイミングを逃す場合もあるので注意は必要。


もう一つは【ラヴァル】特有の除外アドバンテージを利用できるという点。

・《ラヴァル・キャノン》

召喚・反転召喚に成功した時に除外されたラヴァルを特殊召喚する効果を持ったモンスター。
《真炎の爆発》のデメリット効果で除外されてしまった場合や、《封印の黄金櫃》により《ラヴァル・ランスロッド》や《ラヴァルバーナー》を間接的にサーチしておけば、即座にアタッカーを呼び出せる上、チューナーを除外しておけば、レベル5〜6のシンクロ召喚にも繋げる事も可能。また、《奈落の落とし穴》や《次元幽閉》で除外された場合も帰還が可能で、【フレムベル】以上に《フレムベルカウンター》を搭載することを難なくしてくれる1枚。

まあ、何より戦士族って点が強いでしょって話。
《増援》や《戦士の生還》にも対応してる。ただし、守備力200じゃないから、肝心の《真炎の爆発》をはじめとするサポートは受けられませんし、攻撃力も一般的なアタッカーの数値より低めなので、できれば即座にシンクロ召喚や、何かしらの手段に使ってしまいたいところ。


・《ラヴァル・ランスロッド》
・《ラヴァルバーナー》

【ラヴァル】においては重要な戦力になる2枚。ともに上級モンスターであるものの、前者は妥協召喚、後者は条件付の特殊召喚で展開できるために、まるで下級のように扱えるのが特徴。
基本的に、《ラヴァルの炎車回し》による圧縮エンジンが早い段階で機能すれば積極的に落としていってもいいし、手札に来ればアタッカーとして使ってもよし。攻撃力も2100と一般的な1900アタッカーを上から殴れるんで魅力的ですが、《ラヴァル・ランスロッド》においては妥協召喚すれば効果によって墓地に送られてしまうので、場を空けてしまう危険性もあるため、使う場合は注意が必要。



結果的に、《シューティング・スター・ドラゴン》や《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を出すよりも、シンクロを並べるほうが効率がいいという現実。
ただ、《真炎の爆発》を軸にしたシンクロラヴァルの一つのアプローチとして、まだ改良の余地はあるので、これからも調整は続けていきたいところです。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

シンクロラヴァル

モンスター(19枚)
《炎熱刀プロミネンス》2枚
《ラヴァル炎樹海の妖女》2枚
《ラヴァル炎火山の侍女》2枚
《ラヴァルバーナー》2枚
《ラヴァルの炎車回し》3枚
《ラヴァル・ランスロッド》2枚
《ラヴァル・キャノン》2枚
《フレムベル・パウン》2枚
《ジャンク・シンクロン》2枚

魔法(15枚)
《封印の黄金櫃》2枚
《増援》
《真炎の爆発》3枚
《強欲で謙虚な壺》2枚
《強制転移》3枚
《我が身を盾に》
《ハリケーン》
《サイクロン》2枚

罠(7枚)
《奈落の落とし穴》2枚
《神の宣告》
《神の警告》2枚
《フレムベルカウンター》2枚

エクストラデッキ
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《アームズ・エイド》
《ギガンテック・ファイター》
《ゴヨウ・ガーディアン》
《シューティング・スター・ドラゴン》
《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》
《スクラップ・ドラゴン》
《スターダスト・ドラゴン》
《フォーミュラ・シンクロン》
《ブラック・ローズ・ドラゴン》
《ミスト・ウォーム》
《ラヴァル・ツインスレイヤー》
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
《氷結界の龍 トリシューラ》
《氷結界の龍 ブリューナク》


全41枚。あとは実際にまわして微調整。もうちょっと圧縮できそうな気はするけども。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

リンク張らなきゃ

ってことでWikiリンク貼るために、色々やってみた

《E・HERO エアーマン》
《E・HERO アナザー・ネオス》
《E・HERO ノヴァマスター》

適当にやってみたけど、つながるだろうか・・・
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

シーフード1キル

最近、魚が熱いらしいですね。
ってことで、旬の1キルを組んでみました。
あまり趣味じゃないけどw

モンスター(24枚)
超古深海王シーラカンス×3枚
レインボー・フィッシュ×3枚
フィッシュボーグ−ガンナー×3枚
ファントム・オブ・カオス×3枚
スペースマンボウ×3枚
ジェネクス・コントローラー×3枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚
オイスターマイスター×3枚

魔法(16枚)
貪欲な壺×3枚
封印の黄金櫃×2枚
戦線復活の代償×3枚
手札抹殺
手札断殺×3枚
死者蘇生
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×3枚

罠(0枚)

エクストラデッキ
ダーク・ダイブ・ボンバー×3枚
パワー・ツール・ドラゴン×3枚


見てもらえばわかりますが、罠はありません。
ほぼ1ターンで決まります。ただ、事故率も高めです。
かつてのSDLみたいなワンサイドゲームになりがちなデッキです。

まあ、結局はDDBでぶっ放し続けるわけです。
必要そうなカードを探して適当に組んだだけですが、結構機能します。
というか、この手の1キルデッキはパーツに無駄がないようにするので、
ほぼ終着点は一緒じゃないでしょうか。

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ネオスビートZERO

モンスター(19枚)
沼地の魔神王×3枚
デブリ・ドラゴン×3枚
N・アクア・ドルフィン
E・HERO ボルテック
E・HERO プリズマー
E・HERO ネオス×2枚
E・HERO オーシャン×3枚
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×2枚
E・HERO アイスエッジ×2枚

魔法(16枚)
貪欲な壺
融合×2枚
未来融合−フューチャー・フュージョン
大嵐
増援
死者蘇生
ミラクル・フュージョン×3枚
ハリケーン
O−オーバーソウル×3枚
E−エマージェンシーコール×2枚

罠(5枚)
威嚇する咆哮×3枚
亜空間物質転送装置×2枚


エクストラデッキ
E・HERO アクア・ネオス
E・HERO アブソルートZero×3枚
E・HERO ゴッド・ネオス
エンシェント・フェアリー・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン×3枚
レッド・デーモンズ・ドラゴン
氷結界の龍 グングニール×3枚


以前使ってたアブソのデッキを構築し直したモノです。
アブソルートメインにするために水属性で構築していたものを、ネオスビートに変更して、アブソルートはサポートって感じで。
ディーヴァ+ディアボリックのギミックが一番早かったんですが、制限のせいで使えなくなったんで、ここはデブリ+水属性素材のギミックを新しく搭載しました。

以下に各カードの役割と用途をば。

【N・アクアドルフィン】
融合要因・シンクロ素材・Gネオスの素材と、意外と役割多いです。
手札を捨ててハンデス効果も狙えるので、ネオスの蘇生召喚にも繋げられます。

【E・HEROアイスエッジ】
除去要因&ダイレクト要因。ネオスも落とせてお得。

【デブリドラゴン】
「沼地の魔神王」や「N・アクアドルフィン」を引っ張ってシンクロ素材にします。
自身のデメリット効果でLv4モンスターを素材に出来ないので、実質Lv7で固定されてしまいますが、「氷結界の龍 グングニール」や「ブラック・ローズ・ドラゴン」「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」といった除去要因、壁要因を呼べるのでデメリット分は補えます。

【亜空間物質転送装置】
アブソルートの効果誘発させるだけじゃなくて、その他諸々用途あり。
ブラックローズの効果にあわせて破壊回避も目的にしてます。


「E・HERO THEシャイニング」がカード化すれば、「カオスエンドマスター」と「E・HEROネクロダークマン」との組み合わせが使えたりするんですが、それはまた出たときにでも。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

リミット猫セイバー

モンスター(19枚)
墓守の番兵×2枚
召喚僧サモンプリースト×2枚
異次元の狂獣
レスキューキャット×2枚
コアラッコ
クリッター
X−セイバー パロムロ
X−セイバー パシウル
X−セイバー エアベルン×3枚
XX−セイバー レイジグラ×2枚
XX−セイバー フォルトロール×3枚

魔法(13枚)
貪欲な壺×2枚
大嵐
大寒波×3枚
精神操作
死者蘇生
ワン・フォー・ワン×3枚
ハリケーン
サイクロン

罠(8枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
死のデッキ破壊ウイルス
リミット・リバース×3枚
ダスト・シュート


エクストラデッキ
XX−セイバーガトムズ×2枚
アーカナイト・マジシャン
アームズ・エイド×2枚
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ダーク・ダイブ・ボンバー
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ビースト
フレムベル・ウルキサス
ミスト・ウォーム
レッド・デーモンズ・ドラゴン
氷結界の龍 ブリューナク


以前からあーでもないこーでもないと、組んでは変えてを繰り返して
エンシェントのパックが出てから温めてきたデッキ。ようやく目途が立ちました。
何度いじっても「ここはこれだ!」って構成が見つかりにくくて・・・。
と言っても、他人様のを真似るのもおもしろくないし・・・。
まあ、猫シンクロはだいたい似たり寄ったりなんですがねw

特化型として組んでたんですが、特化しすぎて特攻型になってたんでw
もうちょっとまとまりのある形に組み替えてみました。

あとは実際に回すだけ〜。
モンスターの枚数と、砂塵をメインにどうにか入れたいなって気はしますが、
今のところは砂塵サイド対応って事で。
むしろ、月の書をどうにか(ry
入れたいカードが多いとマジで困る・・・;;
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

魔轟神デッキ〜その1

モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
魔轟神レイヴン×3枚
魔轟神クルス×3枚
魔轟神グリムロ×3枚
魔轟神クシャノ
魔轟神ガルバス
暗黒界の武神 ゴルド×2枚
暗黒界の軍神 シルバ×2枚
メタモルポット
クリッター
オネスト×2枚

魔法(13枚)
貪欲な壺
大嵐
大寒波×2枚
洗脳−ブレインコントロール
精神操作
生還の宝札
手札抹殺
死者蘇生
簡易融合(インスタントフュージョン)
暗黒界の雷
ハリケーン
サイクロン

罠(8枚)
魔のデッキ破壊ウイルス×2枚
奈落の落とし穴×2枚
激流葬
ダスト・シュート
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
E・HERO セイラーマン
アーカナイト・マジシャン
カオス・ウィザード
ゴヨウ・ガーディアン
ダークエンド・ドラゴン
ダーク・ダイブ・ボンバー
ブラック・ローズ・ドラゴン
レア・フィッシュ
レッド・デーモンズ・ドラゴン
氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 ブリューナク
魔轟神ヴァルキュルス×2枚
魔轟神レヴュアタン×2枚


あまりっていうか、作ってる人見ないんで作ってみたです。
何度か回してみて決め手となる初動操作がないのが問題かも。
元々、シンクロ要素入れてるんでこんな感じになりましたが。

・レイヴン(Lv3)+暗黒界(Lv5)
一番強力かつ早い方法です。巷で広がってる最もポピュラーな組み合わせですね。ここからヴァルキュルス、レモン、ダークエンドに繋げます。

・レイヴン(Lv3)orクシャナ+モンスター(Lv4)
簡易融合で呼んでも良し、レイヴン効果やクシャナ効果でクルス落としてLv4魔轟神呼んでもよし、時と場合の素材選択でグングニール、ブラックローズ、DDB、アーカナイトに。

・その他Lv5&6
コントロール系カードを積んでるんで、相手モンスター拝借するチャンスもあるでしょう。入れるの当たり前じゃん?的な感じに。


動かしてみれば、能動的なスタイルが特徴的なんですが、先行とってもどう動けばいいのかわからねぇとか意味不明なデッキw
性能もまだ猫シン相手にやっとついて行けるって感じなので、まだまだゴリ押しできるようにいじり倒します。

・光の召集
・ライトロードハンター ライコウ

この2枚とか今後搭載してみようと興味津々のカードです。
召集は暗黒界ともシナジーするんでちょうど良いです。レヴュアタンの回収効果だけでは心許ないんで。
ライコウ・・・もといお父さんはデッキ圧縮と破壊効果ですかね。
この2枚の選択はまだ応用範囲の限られる魔轟神デッキにとっては、誰もが行き着く先じゃないでしょうか。

今後の展開次第でもっと強力になってくれればいいけど・・・。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

事務局確認事項

色々確認することあったんで以下に。
Wikiでわかることも再確認してますー。

「魔轟神レヴュアタン」
Q:モンスター回収効果発動時、このカードを対象にできますか?
A:「魔轟神レヴュアタン」自身を対象にすることは可能です。

Q:裏側守備表示の状態で破壊され墓地へ送られた場合でも発動可能ですか?
A:可能です。

Q:モンスター回収効果発動時、「魔轟神」と名のつくシンクロモンスターを選択した場合、エクストラデッキに戻りますか?
A:はい、その場合はエクストラデッキに戻ります。

Q:このカードが「ゴヨウ・ガーディアン」に戦闘で破壊された場合の効果処理を教えて下さい。
A:相手プレイヤーが「ゴヨウ・ガーディアン」の効果発動を選択した場合、チェーン1に「ゴヨウ・ガーディアン」、チェーン2に「魔轟神レヴュアタン」の効果が乗ります。

Q:チェーン2のレヴュアタン効果発動時、このカードを対象にした場合は「ゴヨウ・ガーディアン」の効果はどうなりますか?
A:「ゴヨウ・ガーディアン」効果処理時にこのカードが墓地に存在しないため、不発となります。


「一族の結束」
Q:墓地にモンスターが存在しない場合でもこのカードの発動は可能ですか?
A:はい、可能です。ですが効果は適用されません。

Q:自分フィールド上にこのカードが複数枚存在する場合、効果は重複しますか?
A:はい、フィールド上に2枚なら1600ポイント、3枚なら2400ポイントアップします。


エクストラデッキ
Q:ルール上、エクストラデッキとサイドデッキ間の入れ替えは可能になってますが、その際サイドデッキからエクストラデッキに投入したカードが融合・シンクロモンスターである旨は公開しますか?
A:いいえ、サイド・エクストラデッキ共に非公開情報なので公開する必要はありません。


一族TUEEEEE
エクストラデッキは最近15枚制限がかなり厳しくなってきたんで、サイドデッキに余裕のある方は試してはいかが?
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

エアーマン地雷には気をつけましょう

Vジャンプ5冊買った内、3冊がミシン目の下にカードが来てました。
切り取るときは要注意。

知らずに切っちゃうと・・・・・(((゜□゜;;;)))ガクガクブルブル


そんなこんなで、エアーマンをどう料理しようかなーって事で、思いつきを詰め込んだだけのデッキを組んでみました。

デッキ名<<エアーキング>>

【モンスター】16枚
E・HERO オーシャン
E・HERO エアーマン 3枚
E・HERO ワイルドマン
魔導戦士ブレイカー
D.D.アサイラント
異次元の女戦士
サイレントソードマンLv5
召喚僧サモン・プリースト 2枚
聖鳥クレイン 2枚
聖なる魔術師
パペット・キング 2枚

【魔法カード】15枚
押収
天使の施し
大嵐
サイクロン
増援
戦士の生還
早すぎた埋葬
収縮 2枚
月の書
貪欲な壺
地砕き 2枚
強制転移
洗脳−ブレインコントロール

【罠カード】9枚
破壊輪
激流葬
ミラーフォース
奈落の落とし穴 3枚
リビングデッドの呼び声
神の宣告 2枚


ひとまず40枚。フェニックスブレード入れて42枚でも良かっただろうけど、まわしてみなきゃ解らないですね。


コンセプトとしてはサモプリからエアーマンを出してのデッキ圧縮と、クレインのドロー効果の2本柱を中心に戦士族で構成。

主な展開は
サモプリ>エアーマン>サーチ効果でエアーマンor他のE・HEROを手札へ
サモプリ>クレイン>ドロー効果

守りきれるのであれば、サモプリでオーシャンを呼び、スタンバイフェイズで墓地のヒーローを拾うのもあり。

サモプリ>クレインは定番の手段。ドロー効果で圧縮を狙うが、サモプリ効果でエアーマンのサーチ効果をとるか、クレインのドロー効果をとるかは、その時の手札と場によって使い分けていくべきだろう。


パペットキングの搭載は、今後増えるであろう「デッキから手札へのモンスターサーチ効果」に対して効果的と言える。現段階で、デッキから手札にドロー以外の方法で手札に加える手段といえば、ガジェット、増援、クリッター、ゴブリンゾンビetcがある。

特殊召喚後に破壊される可能性もあるが、墓地からの召喚も可能なので蘇生制限を受けることはない。また自分のターンで攻撃が通せる状況であればそのまま突貫してもいい。仮に炸裂装甲、ミラーフォースを食らったとしてもエンドフェイズには墓地に送られるのでさほど問題はない。ただし、場合によっては、場ががら空きになり相手の攻撃が通ってしまうことも考えられるので、通常召喚を行う場合は必ず攻撃が通ると確信できる時以外は、MF2で行うほうが無難と言える。

特殊召喚するタイミングにもよるが、注意しておきたいのが破壊輪や、ブレインコントロールといったところ。破壊輪の場合は、まともに食らえば攻撃力2800がそのままLPダメージとして帰ってくる。神の宣告との兼ね合いを考えるとどうしても防いでおきたい所。また、ブレインコントロールで奪われることも考えられる。

そこで、同デッキに搭載されている月の書で回避、もしくは収縮によるダメージ軽減を狙うか、または別の手段を講じる必要が出てくる。
これはパペットキングだけに限らず、ゲーム後盤においてどのモンスターであっても同じことが言えるので念頭に置いたほうがいいだろう。

墓地に落ちたパペットキングについては、前述したように蘇生制限を受けないので、墓地からの特殊召喚は可能。また戦士の生還で手札に戻し、再度効果による特殊召喚を狙うのもありだろう。

あと、これはまだ推測の域を出ないが、特殊召喚により破壊が確定しているパペットキングを強制転移で相手フィールドに送っておいて、エンドフェイズで破壊させ、アドバンテージをとるという方法もあるが、まだ入手できてない段階なので何ともいえない。


ほとんどパペキンのお話になったような・・・。
エンドフェイズでの破壊はデメリットではなく、むしろメリットの予感。
スピリ転移まがいのこともできるし、特殊召喚後に生け贄に使うのもあり。墓地に落ちたって生還さえあればもう一度効果使えるし、蘇生制限も受けない。エアーマンが出たことでパペキンの効果が使いやすくなるかも。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

一陣の風によるお触れ対策

(8/12 記事大幅に修正。赤字部分が追加箇所)

・・・についてちょっと真剣に考えてみる。

今回のCDIPで、一陣の風などとゆー代物が出たので、何か使い道は無いか考えた結果、バーンに行き着いた。

まあ、バーンならチェーン3は比較的組みやすく、罠メインだから、お触れチェーンの時点ですでにチェーン2、その次に即一陣の風をチェーンできるということもあって、バーンの新しいサイドのお供として注目できるだろう。

ただ、問題なのは相手のお触れチェーンにピンポイントで一陣の風をぶつけられるか。


こちらがバーンという構成で行けば、サイドで相手はお触れを積んでくる。そこが一陣の風をぶつけるチャンスになる。
大抵の場合であれば

【順序1】
(自分)何らかの罠を発動:チェーン1>(相手)お触れ発動:チェーン2>(自分)一陣の風:チェーン3

【順序2】
(相手)お触れ発動:チェーン1>(自分)何らかの罠を発動:チェーン2>(自分)一陣の風:チェーン3

この2通りの順序で一陣の風をチェーンすることができる。
仮にこの間に相手が何らかのカードをチェーンしてきたとしても、それが同名カードであったり、カウンター罠で無い限りは、問題なく発動できるだろう。


しかし、一陣の風を積んでも対応しきれないのが、初ターンエンドフェイズにおけるお触れの発動である。

そもそも、上記の記述にある発動順序は、罠カード、もしくは構成により搭載されている速攻魔法などによって「チェーンをくみ上げる事」が前提なわけで、しかも相手が何らかの動作を起こすことも、前提の一部として組み込まれており、通常のデッキでこの手段を講じるのは難しく、またバーンデッキにおいても速攻魔法を積み込むケースはサイクロンぐらいしか見当たらず、これもまた至難の業と言える。


次に、アドバンテージの問題である。
前述したように、一陣の風は「チェーンを組み上げる事」が前提なため、それだけフィールドアドバンテージを消費するという反面を持つ。したがって、仮に自分で組み上げるとしても、3:1でアド−2となり、相手の動作を含めたとしてもやっと五分五分となってしまう。これでは一陣の風を積む意味がない。アドバンテージを維持しつつ、有効に使うためにバーンが挙げられたのは、アドバンテージを消費する代わりに、付随して相手プレイヤーにLPダメージが与えられるからである。バーンを構成する上で必要な罠カードは、ダメージ系カードと、カウンター系のカード、そして攻撃を抑制するロック系カードである。デッキを構成する上でこれらの割合は個人差はあるが、比較的ノントリガーが多く詰まれる事を想定すると、フィールドアドバンテージと、ライフアドバンテージをあわせてやっとプラスに傾くというわけだ。

ただ、相手プレイヤーの初ターン5ドローにお触れがあった場合は、一陣の風といえども、「チェーンを組むため」のカードが封じられるため、ただの紙切れとなってしまう。

また、ロック完成後のお触れ発動も、盗賊の七つ道具や、神の宣告、サイクロンなどで対応が可能な状態になっている場合が多いため、わざわざチェーンを組む必要もない。ただし、どれも引けていればの話になるが・・・。

以下、赤字部分追記。

お触れ発動中においても、チェーンを組み上げて一陣の風によるお触れの破壊は可能。

お触れのテキストには「発動を無効にする記述」がないため、一陣の風発動条件となる「チェーンを組み上げる事」が可能な上、逆順処理の段階で、一陣の風効果の対象としてお触れを選択し破壊すれば、それ以降の処理においてはお触れが存在せず、罠カードの効果無効化が適用されない。

したがって、チェーン1、チェーン2に乗せた罠カードの効果は無効化されず適用される。


こう考えてみると、初ターンエンドフェイズでお触れが発動されたとしても、この手段であればお触れを破壊できるだけでなく、チェーンとして組んだカードの効果も適用されるので、バーンでの運用においてはやはりサイドに、場合によってはメインから積んでもいいのかもしれない。




さて、それじゃあ一陣の風以外で、お触れをなんとかする方法って何かあったっけ?・・・と考えてみると色々出てきた。

・オオアリクイクイアリ
・ハンニバルネクロマンサー
・神の宣告
・盗賊の七つ道具
・サイクロン
・サンダーブレイク
・イナゴの軍勢
・罠はずし


【オオアリクイクイアリ】
<メリット>
お触れ発動中の役立たずカードを墓地に送って召喚。
攻撃する代わりに相手フィールド上の魔法・罠フィールドカードを1枚破壊するので、これでお触れを狙うことができる。

<デメリット>
通常召喚が出来ないことと、バーンに蘇生系を積むだけの余裕がないことから扱いづらい。召喚のための魔法・罠カードも、ほとんどのカードが除去やダメージ系で構成され使用されるため、召喚のために費やすことも難しい。


【ハンニバルネクロマンサー】
<メリット>
ブレイカーの罠カード限定版。ブレイカーと同じくカウンター除去で罠カード破壊を狙えるので使いやすい。また、守備力も割かし高く、中堅までの壁としての性能にも期待できる。

<デメリット>
欠点までブレイカーと同じだが、効果は一回のみの単発効果。見習い魔術師など、カウンターを新たに乗せる効果がなければ、連発は不可能。


【神の宣告】
<メリット>
ライフコスト半分で罠、魔法、召喚、特殊召喚までを食い止められる。カウンターなので同じカウンターでない限りは止めきれるので確実性が高い。

<デメリット>
ライフコスト半分の支払いがきつい。ゲーム後盤になると、七つ道具よりもこちらが使いやすい。序盤から中盤にかけての使用はできるだけ避けるべし。


【盗賊の七つ道具】
<メリット>
1000ライフポイントという比較的軽めのコストで、罠カードをとめることができる。ゲーム序盤で、あまりコストの使えない時には有効性を発揮する。

<デメリット>
ライフポイントが減ってくるゲーム中盤から後盤にかけては、1000ライフポイントの差が大きく勝敗に影響するため、できるだけ序盤で使い切っておきたい。


【サイクロン】
<メリット>
汎用性の高さは周知。言わずもがなってとこ

<デメリット>
制限故に1枚しかデッキに搭載できない。お触れは3枚搭載できるので、仮に1枚をピンポイントで破壊できても、すぐに2枚目、3枚目を発動されると対応できない。


【サンダーブレイク】
<メリット>
魔法・罠だけでなく、モンスターも破壊対象に選択できる。

<デメリット>
手札一枚をコストとすることや、自身が罠カードなため、発動まで1ターン置かなければならず、その間にお触れを発動されてしまうケースも。


【イナゴの軍勢】
<メリット>
反転召喚で、相手魔法・罠フィールド上のカード1枚を破壊でき、かつ裏守備に戻すことも出来るため、繰りかえし効果を使用できる利点がある。

<デメリット>
抹殺の使途で除外されてしまったり、効果発動のための反転召喚が激流葬などのトリガーになってしまが、比較的カウンターで補える範囲ではある。


【罠はずし】
<メリット>
魔法カードなので、お触れの発動云々に影響されることなく発動することができる。用途は制限されてしまうものの、お触れ発動中であれば行動を制限されることはない。仮に手札で腐っても、手札コストを必要とするカウンター罠のコストとしても使用できる。

<デメリット>
通常魔法なので、どうしても1ターン遅れてしまう。また表側表示で存在する罠カード限定のカードなので、こうした特殊なデッキ以外での用途はほとんどないと考えていいだろう。



と、こんな感じで考えてみましたが、正直一陣の風ってこういう使い方しか出来ないような気がする・・・。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 10:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

カードの整理整頓

・・・って、皆さんどうされてるんでしょうね。

カードの整理整頓をしやすいストレイジボックスが売られていたりもしますが、カードを詰め込むだけでは、やはり新しいデッキを組むときに必要なカードを探し出さなきゃいけないわけで。

それなら最初からわかりやすいようにしてしまえばいいじゃない。と思いついたのでやってみました。


DSC00245.JPG


これがそのケースですが、ケース自体は100円ショップで買えるCDケース入れです。

ちょっとスペースにあまりがあったので、内側にゲージを作ってカードががさがさ動かないように。

あと、スリーブのてっぺんにインデックスを付ける事で、イチイチ出さなくてもカードを確認できたり、出すときのツマミにもなります。


DSC00246.JPG


こんな感じに纏めると、いざ欲しいカードがあったとき、すぐに見つけやすいという利点があります。50音順にもしてますし。


DSC00247.JPG
オマケ(何

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

9月制限改定予想

<8/5 追記・修正 8/6再修正>

9月の制限改定も近づいてきました。
今の環境を鑑みるに、次の制限はどうあるべきかを考えていこうと思います。

・押収:制限→禁止
いい加減この手のハンデスカードは消すべき。
つーか強すぎるよ。1000ライフ支払うだけで、相手手札を見れて1枚指定して捨てれるって強すぎ。

・リミッター解除:制限→禁止
キメラの呷りを受けて、搭載率が高め。ガジェの一成攻撃とかたまったもんじゃないよ。機械族であればとりあえずどこでも打てるって言うのがきちぃ。

・強奪:制限→禁止
これもそろそろいいかもしれない。強奪&月の書orツクヨミのコンボは有名かつ凶悪。

・巨大化:制限→禁止
こいつも禁止でいいや。キメラテックだして巨大化装備とかもういいですよと。1キル要素を持つカードは悉く制限とか禁止にすべき。

・デビルフランケン:無制限→制限
こいつが今まで制限に引っかからなかったのがおかしい。制限でも生易しいくらい。

・未来融合:無制限→制限
キメラ1キル阻止第一弾。まずここから手始めに・・・ですね。

・オーバーロードフュージョン:無制限→制限
キメラ1キル阻止第二弾。未来融合とセットで制限にすれば、キメラ1キルの威力も下がってくれる・・・かもしれない。

・おろかな埋葬:無制限→制限
バブーンデッキの中心核を担うカードのひとつといえばコレでしょ。デッキから墓地に落として効果発動可能状態に簡単にもっていけるんだから、バブーンを制限にしにくい事情を考えると、こいつを制限にしてスピード落としてきそう。おろかがなければバブーンは引くしかないわけだし。

・森の番人グリーンバブーン:無制限→準制限
1000ライフ払えば墓地から手札からすぐに出てくる事実上上級とはいえないモンスターも、制限にしてしまえば速度落ちるけど、Vジャンの定期購読カードが制限食らうならと、申し込みが減る可能性も考えると、商売第一のお方らからすればあってはならないわけで。準で収めて、一緒におろかを制限にすることでスピード削ってきそうな気がする。

・サイバードラゴン:無制限→準制限
本当は制限でもいいんだろうけど、そうなるとサイバーエンドの召喚が困難になるため、プロトサイバーとの兼ね合いを考えると、妥当なのがコレ。9月発売のストラクチャー「機械の叛乱」にも入るかも知れないし。もしかしたら制限かからないかもよ?

・レッドガジェット、イエローガジェット、グリーンガジェット:無制限→準制限
制限入りの声が大きいけど、この3枚も「機械の叛乱」への封入が濃厚って話をちょこちょこ聞いたりする。商売を第一に考えるコナミであれば、ストラクチャーが売れないのは困るわけで、でも制限掛けなきゃまずいってことで、両方とるとこうなっちゃう。

・天使の施し:制限→???
正直施しはどうなるかわかんない。まあ、禁止に戻してもいいんだろうけどさ。暗黒界が強いからって言う人も居るけど、今の環境で暗黒界使って上位まで上がってくるやつってどれだけ居るのよ?って話。


まあ、他にもあるんだろうけど、とりあえずはこんな感じかな。
後で追加するかも・・・。
以下、追記>8/5
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 04:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

SOS団によるデッキレシピ草案と解説

【まじかる☆ゲートA's】
デッキ総数43枚

[モンスターカード(18枚)]
天空騎士(エンジェルナイト)パーシアス×2枚
創世神(ザ・クリエイター)×2枚
守護天使(ガーディアンエンジェル)ジャンヌ×2枚
混沌の黒魔術師
ネフティスの鳳凰神
カオス・ソーサラー×2枚
D−HERO ダッシュガイ×3枚
D−HERO ダイヤモンドガイ×3枚
D・D・M(ディファレント・ディメンション・マスター)×2枚

[魔法カード(21枚)]
貪欲な壺
名推理×3枚
突然変異(メタモルフォーゼ)
天使の施し
早すぎた埋葬
死皇帝の陵墓×3枚
モンスターゲート×3枚
テラ・フォーミング×3枚
おろかな埋葬×2枚
エネミーコントローラー×3枚

[罠カード(4枚)]
王宮のお触れ×3枚
リビングデッドの呼び声

[融合デッキ]
ガトリング・ドラゴン×2枚
サイバー・ツイン・ドラゴン×3枚
サイバー・ブレイダー×2枚
デス・デーモン・ドラゴン×2枚
ドラゴン・ウォリアー×2枚
ドラゴンに乗るワイバーン×2枚
闇魔界の竜騎士 ダークソード×2枚
魔人 ダーク・バルター×2枚


SOS団による解説は続きに
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

WJ35号&VJ10月号付録カード

定刻遅れて只今到着・・・ってー、どこかの勇者特急のニセモノじゃありませんが、何とかVJ解読しましたよ。

ダブルで付録のカードは、VJで掲載中のGXに登場するE・HEROのようです。

WJ35号付録  →E・HERO オーシャン
VJ10月号付録 →E・HERO エアーマン

エアーマンだけ、後ろのページでテキスト解読できました。オーシャンは他サイトさんでも掲載されてるので割愛〜。


E・HERO エアーマン(VJMP-JP017)
風属性・レベル4・攻撃力1800/守備力300・戦士族
このカードの召喚・特殊召喚に成功した時、次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分フィールド上に存在するこのカードを除く「HERO」と名のついたモンスターの数まで、相手フィールド上の魔法または罠カードを破壊する事ができる。
●自分のデッキから「HERO」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。


見た感じは1800アタッカーに「R-ライトジャスティス」と「E-エマージェンシーコール」の効果が付加された感じですが、注目すべきはD−HEROもこの効果の影響を受けるということ。

テキストには「HERO」とだけ記述されており、以前の解釈通りでいくと、E・HERO限定であれば、前述のエマージェンシーコールのテキストや、SFW・SPGも同様に「E・HERO」と記述されています。
この記述はオーシャンにも同様で、EからDへサーチ範囲が拡大されたことは、1つのデッキでのEとDの共存性も拡大されることになり、またエアーマン自身「E・HERO」という時点で、E・HERO系サポートカードの効果を受けますし、単体での攻撃力も1800と高い数値を誇っているので、効果の連鎖性だけでなく、エアーマン単体での戦闘も大いに期待できるでしょう。

後はエアーマンを素材とした融合モンスターが出てくれればいいんですが・・・。


え?守備力?ああ・・・あんなの無視してください。ないものと思ってくれれば(ぉ

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

15日のコト〜遊戯王フロンティア調整会

フリー参加OKと言うことで、ガッコが終わった後にダッシュでパブリック梅田に行ってきました。

鶴見のパブリックならわかるんですけど、梅田にあったっけ・・・と思いつつ、前日の深夜まで検索してたら、見つけました。


・・・・・ゲーマーズ梅田別館の中だとorz


灯台下暗し

あ、この灯台ってのは海の灯台じゃなくて、照明器具の灯台ですぉ
(byトリビアの泉)


さて、到着してみると、やってるやってる。
見た顔の人が結構いました。

一番奥の席で、PC−CORE豊中でお世話になったOhaさん(名前間違ってたらスンマセン)がデュエルされてたので見学〜。


しばらく見学した後に交代してもらってOhaさんとデュエル。

持参したガジェは使用せず、今回のために組んだアンデッドデッキとDGデッキ(デビルガンダムじゃないぉ、ダークグレイヴキーパーのこと)で対戦してもらいました。

やっぱ強いね。で、楽しいですね。


途中で時間をもらって、手の空いたキロスさんにご挨拶。

デュエル中断なんて失礼な真似してすんませんでしたorz


そんなこんなで、帰宅まで相手していただいたOhaさんには感謝感激です。
キロスさんも初対面なのに良くして頂いて嬉しかったです。
皆さんまたよろしくお願いします><


パブリック梅田を後にして、地上からヨドバシに向かおうとビルを出たらなんかかなりの勢いで雨が降ってるし・・・。

ちょっと鬱陶しかったんで、地下から回り道しつつヨドバシに到着。


その足で5階フロアに向かってデッキケースを物色。
あまりいいのがなかったので、今度はレジで亜EENのボックス予約が出来るか確認。

「すみません、予約の方は・・・;」

と断られたので、亜CRVを3パック購入。

フロアを出て即開封。

(´ー`)。о○(まさかサイドラが出るわけ無いだろうし、期待しないで一気に開けるかー)

と思いつつバリバリバリ・・・
一番後ろのレアカードをゆっくりと引き出す。


(´ー`)。о○(ふむ・・・、モンスターか)



(;´ー`)。о○(あれ・・・守備力1600・・・?)



(((;゜д゜)))。о○(攻撃力2100・・・・て・・・まさか)


 ∧  ∧
ヽ(゜∀゜)ノ<サイドラキター!
  ( )
く く


ハイ、大人気ないですね。ソコ、変とか言わないw

2パック目がディメンションウォール、3パック目は進化の翼

840円でかなりいい引きでした。ヨドバシの店員さんありがとー><



そして、幸せもつかの間、地獄のような湿気の中を帰宅するのでしたとさ。

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

トレード希望カードリスト

すぐに来るわけがないと思いつつも、長い目でまったり待とうと思ったり


(米・亜版最優先、次点日本語版)
(○印は現状最優先で)

○暗黒界の武神ゴルド(スー)
○暗黒界の軍神シルバ(レア)×2
○ミラクルフュージョン(レア)×2
融合(スーレア)
○異次元の生還者(レア)×3
シールドクラッシュ(ウル)×2
地砕き×∞
エネミーコントローラー(レア度問わず)×3
○E・HERO ネクロダークマン(スー)×2
○E・HERO ワイルドマン(ウルシク)×2


ひとまずはこんな感じ。てか、最優先多っ。
出せるものは出していこうと思うので、相談よろ〜
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

シャッフルに関しての規定(コナミ版)

アッパーデックの要綱にはこうあります。

(公平を期すために、互いのプレイヤーは必ずゲーム開始時に相手に渡す前に、デッキの配列を徹底的に無作為の状態にしなければならない。プレイヤーには、デッキを無作為の状態にするために複数のシャッフルを組み合わせること(たとえばリフルシャッフルをやってパイルシャッフルをする)を推奨する。プレイヤーは自分のデッキを無作為の状態にしたら、対戦相手に渡して対戦相手は最低10秒さらに無作為の状態にするためにシャッフルしなければならない。自分のデッキを相手に渡すことは、対戦相手に自分のデッキを徹底的に無作為の状態したと暗黙のうちに宣言したことになる。プレイヤーはいかなる一定の順番になるようにシャッフルしてはならない。シャッフル中のデッキの積み込み・デッキの操作は、不正行為とみなされる。

プレイヤーはシャッフルをすばやく行わなければならない。プレイヤーはゲーム中でのシャッフルは30秒間、ゲームとゲームの間でのシャッフルは2分間に制限される。

プレイヤーは慎重にシャッフルしなければならない。プレイヤーはシャッフルしている間デッキのそこを見えないようにするというマナーの下デッキをシャッフルする。プレイヤーは対戦相手のデッキをシャッフルしている間、カードが痛まないようにする。)


(ブラック・マジシャン氏のブログサイト 2006/5/10の記事より抜粋)
http://simpleformup.seesaa.net/article/17597520.html


コナミの場合、アッパーデックのような明確なシャッフルについての規定はありません。
ということで、この日曜日の真っ昼間から営業開始直後のコナミさんに、この面倒臭そうな質問をぶつけてみました。
(細かい部分は編集してあります。大筋はそのまま電話内容を引用)

Q1:シャッフルの所要時間は何秒くらいを想定していますか?

:はい、こちらにつきましては特に時間等の指定はさせて頂いておりません。

:ルールには「過度のシャッフルは禁止」とありますよね?どれほどのシャッフルを行えば過度にあたるのか疑問に感じたので、コナミさんとしてはシャッフルの所要時間をどうされているのかお聞きしたいのですが・・・。

:そうですね、1回の対戦時間が40分と決められておりますので、その中でプレイに支障をきたす様なシャッフルを過度・・・という風にさせて頂いております。ですが、実際のところ5分や10分もシャッフルに時間を費やすといったことはありませんので、そのあたりに関しましてはプレイヤー様同士で「過度」だと感じない程度にシャッフル、カットを行って頂いて結構です。



Q2:ルールブックにある「軽くきり混ぜる」行為について、具体的にどのような行為を指すのでしょうか?

:デッキの束をいくつかに分けて、重ねなおす行為を指します。

:つまりカットですね?

:そうです。



Q3:プレイヤー(自分)が過度のシャッフルだと判断した場合、もしくは自分の言ったことと相手が違うことを故意であれ、そうでないにしても行った場合(「カットをお願いします」と言って渡したのに、相手がそれ以外の方法をとった場合)は注意することはできるのでしょうか?

:そうした場合ですと、プレイヤー様同士のトラブルになりかねませんので、基本的にはジャッジに申告していただいて、判断を仰いでいただくということになります。



Q4:コナミとしては、シャッフルの種類について言及されてませんが、デッキを公平かつ無作為化するにあたって、推奨する方法はありますか?

:これにつきましても、特に推奨する方法はございません。プレイヤー様のご判断で行っていただいて構いません。

:やはり「過度」にならない程度でしょうか?

:そうです。


以上〜。
足りない分に関しては、今後引き続き質問していく予定です。
コナミとしては、ヒンズーやディールについての認識はしているようで、プレイヤーがこれらのシャッフルとカットを組み合わせていることも知っているみたい・・・つーか、コナミ主催の大会でそういうの見てるでしょうしね。

まあ、ここまで聞いても明確にされてないことは丸わかりですね。
今回は言うのを忘れましたが、次回同じようなことで電話したときは、ルール担当部署にちゃんと「今後はルールに明確な線引きを・・・」と言っちゃおうかと。

あー、疲れたwww

posted by ki-pa@りんご飴157号 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

大会レポートby5/3

あー、もう日付は5日ですね。端午の節句。
私も子供のときは駐車場にこいのぼりをよくあげていたんですが、それももう懐かしい思い出です。

さて、遅れに遅れて3日の大会レポート
今回は前回の反省を踏まえて、守備表示モンスターに対する除去力を上げての挑戦です。


続きを読む
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王OCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。