2006年12月23日

【デッキ】推理Dアバター【レシピ】

アバターって実際どうよと真剣に考えてみた。そんなデッキ。

メイン(41枚)

モンスターカード(20枚)
邪神アバター×3
混沌の黒魔術師
マシュマロン
ダンディライオン
黄泉ガエル
ジャイアントウィルス×3
D-HERO ドグマガイ
D-HERO ダッシュガイ×2
D-HERO ダイヤモンドガイ×2
D-HERO ドゥームガイ×2
E・HERO エアーマン×3

魔法カード(18枚)
貪欲な壺
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
ライトニングボルテックス×2
増援×2
デステニードロー×3
デビルズ・サンクチュアリ×2
名推理×3
我が身を盾に
スケープ・ゴート

罠カード(3枚)
和睦の使者×3


ドグマガイを展開してLP半分まで削りながらアバター出してフィニッシュなデッキ。
展開速度はそこそこ。アバターは出てくるの結構早いので、問題は出てから2ターンで勝負を決められるかどうかというところ。まだ改善の余地はあり。

では構成物質の解説(何

・アバター
無論3積み。重いかもしれないけど、邪魔ならライボル、施しで捨ててもいい。展開準備が意外と早く整うので、常に手札に握っておきたい。

・マシュマロン、ダンディライオン、黄泉ガエル
優秀な壁&生け贄要員。とにかく生け贄が欲しいならちょうどいい素材。

・ジャイアントウイルス
こちらも生け贄要員。死デッキの媒介にもなるし、破壊されれば場に2体出せる&ダメージが入る。これが決まるのと決まらないのとでは、ドグマ効果でのLP半減に結構な差が出る。

・D-HEROたち
主力はドグマガイ。3体生け贄が必要ながらも特殊召喚なので、羊トークンで出してやれるので結構早い。特殊召喚でとにかく生け贄要員を揃えないといけないので、ダッシュガイは必須。Dドローで落として下拵え。ダイヤモンドガイはアバター召喚の促進、モンスター除去、ドロー強化の要として。ドゥームは使用済みダッシュと、ダイヤ効果の再利用要員。

・E・HEROエアーマン
やっぱり強い。ここからD-HEROにつなげればエンジンをかけやすい。

・デビルズサンクチュアリ
ダイヤガイで落としても、手札から使ってもお手軽に生け贄を稼げる。
死デッキ要員にもなるし、場ががら空きになりそうなときには出しておきたい。

・我が身を盾に
アバターは戦闘においてはこと無敵、効果継続範囲内であれば魔法・罠は使えないけど、モンスター効果で破壊される可能性があるので、場もち補助として欲しいところ。と言ってもモンスター除去効果を持つ効果モンスター自体そうそうあるわけじゃないので1枚だけ。


ざっとこんな感じ。
何回か組んでは崩して組みなおしを繰り返してきた結果。でもまだ改善の余地あり。
ちなみに、今まで採用してきたカードで面白そうだと個人的に思ったものもあるので以下に。

・デビルフランケン
単純に究極竜とか、サイバーエンドとアバターを並べたかっただけ。
でも入れておくと強い。効果使用後は生け贄で美味しく頂いちゃいましょう。

・ナーガ&モンスター回収
これはちょっと盲点。ナーガ効果でデビフラとか出しておけば、効果使用後に即生け贄に使えるのでありといえばあり。
ちなみに、ダッシュガイ効果使用可能状態で、ドローフェイズにモンスター回収を行った場合、モンスター回収効果でドローした手札にモンスターカードがあればダッシュガイ効果で場に出せます。事務局OKしました。
その際の処理はこうなります。

ドローフェイズ時
ドロー後、モンスター回収効果発動
  ↓  ↓  ↓  ↓
この時点では、モンスター回収のみチェーンブロック発生。
効果処理時に場のナーガと手札をデッキに戻してその合計分ドロー
  ↓  ↓  ↓  ↓
効果処理後新たにチェーンブロック発生。
ナーガは強制効果なので以下のようにブロックが組まれます。

チェーン1:ナーガ
チェーン2:D-HEROダッシュガイ

効果処理開始

チェーン2:D-HEROダッシュガイ効果で特殊召喚可能なモンスターが手札にあれば公開し特殊召喚。
チェーン1:ナーガ効果でデッキからレベル3以下のモンスターを特殊召喚。

となります。

モンスター回収効果でダブルコストンとアバターが手札にくれば、そのターンに融合モンとアバターを並べることも可能です。

・ダブルコストン
アバターを低コストで出すには必要不可欠だと思っていたんですが、どうでもいいときに手札にくると紙クズ同然。アタッカーとしても若干力不足。むしろ実戦ではダブルコストンよりも、黄泉ガエルなど低レベルモンスターを生け贄にすることが多かったです。


え?サイド?
そんなものかんgゲフンゲフン

メインすらできてない状況でサイドとか考えられないです。
試験的なデッキであれば、総入れ替えで別のタイプに変えられるようにしてみてもいいかもしれません。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。