2006年07月09日

日本人プレイヤーに足りないもの

お久しぶりの更新です。
今回は、ブラック・マジシャン氏のブログで公開された記事について書いてみようと思います。

【関連記事】
Reza Azimadeh
Reza Azimadehその2


上記のリンク先の記事で、オーストラリアでも随一のプレイヤーである、Reza Azimadeh氏の遊戯王に対する考え方や、日本遊戯王の現状についてインタビューされた内容が書かれています。

本当に一言では言い表すことのできないほど濃密な内容です。今の日本人プレイヤーに必要なものとは何なのかが的確に述べられています。そして、日本の悪い現状についても一刀両断にされています。全文章を読めば解りますが、海外のプレイヤーがどれだけ真剣に楽しもうと努力しているか、文章だけにもかかわらず、凄く楽しそうにしているのがひしひしと伝わってきました。

だからこそでしょうか、今の日本の現状は見るに耐えません。
大会でのデッキ傾向や、俗に言う壊れカードの普及によるバランスの崩壊、ルールの整備不良といったシステム的な欠点が目立ちますが、これはそれに限る話ではありません。むしろ、プレイヤーの自意識が問われる問題です。

選考会を勝ち抜き、見事代表選手となった4名のプレイヤーの皆さんはぜひともこの記事を読んでおくことをオススメします。本気で世界戦を制する気であるならば必読でしょう。

彼の考え方が海外プレイヤーの総意であるとは言いませんが、少なくとも文化の違いはあれど、その根底にある情熱は同じはずです。しかし、明確にされた目的意識や、その人間性から遊戯王に対する気持ちの強さは、ある意味我々日本人を超えたものがあると認めざるを得ません。

加えて、日本ではデッキ考察や構築技術が進んでいますが、海外のデッキレシピ・レポートを見ると、国内のものに匹敵する量、そして1つのレポートに対しての膨大な考察が公開されています。

これはもはや「海外と日本の遊戯王は違うもの」だとか、「環境が違うんだから関係ない」などと言っている場合ではありません。

氏も述べられているように、海外の遊戯王は日本の遊戯王に確実に、かつ追い越さんばかりの速度で追いついています。国内にだけ目を向けていればいいという時代は、終わりを迎えようとしているのです。

それだけではありません。海外のプレイヤーは等しく上級者=人格者というロジックが成り立っています。対して日本はどうでしょうか。
聞く端々から、反人格者の意見ばかりが舞い込んできます。「予選大会でのイカサマ行為」「他人を馬鹿にした発言」、挙げようと思えばいくらでもこのような意見が挙がってくるでしょう。

日本国内の現状を冷静に見つめてみましょう。どうですか?
穴だらけのルール、強すぎる限定カード、プレイヤーの自意識低下に伴う他人の否定、固定概念にとらわれすぎている等、良い所を挙げるのが難しいくらいですね。

海外では日本をローカルと見られています。遊戯王発祥の地である日本がローカルと見られているところが、当時は漠然としていて理解できませんでしたが、今こうして考えてみるとなるほど納得してしまいます。

もちろん、企業にしか解決のできない問題も山積していますが、我々プレイヤーが解決することのできる問題だってあります。もう一度、個々人が考え直すべき時が来たのかもしれません。

いいですか?

もはや日本が最先端などというのは終わった話です。

環境や文化の違いを言い訳に無視することなど愚の骨頂。


今一度、自分達がどうして遊戯王をやっているのか、最初から考え直しましょう。私達は好きだから始めたはずです。好きなことに必死になるのは恥ずかしいことではありません。むしろすばらしいことです。そして、それを誰も否定することはできません。皆それぞれ好きなことがあって、必死になれるものを持っている。だからこそ他人を否定すれば、自分も否定することに繋がりかねないからです。

全ては認めることから始まり、反論があれば相手の意見を受け止めて自分の意見をぶつけましょう。それが互いに磨きあい、アドバイスし合うことに繋がります。

仲間内とだけ仲良くしていると世界観だけでなく、価値観まで狭めてしまいます。もっと見知らぬ人と積極的に接してみましょう。今まで思いつくことの無かった考えに至るきっかけを掴めるかもしれません。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 14:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これらの考えには基本的に賛成しますが、最後の1文はいらなかったんじゃないですか??

仲間内だけで楽しむってのも遊戯を楽しむうちの一つですし(^_^;)
Posted by I'll at 2006年07月12日 14:21
書き込みありがとうございます。

おっしゃる通り、仲間内で楽しむことも、遊戯王を楽しむ上での一つの方法です。それ自体に問題はありませんし、否定もしません。もっと見聞を広めて、いろんな人の価値観を見て欲しいということなのです。
Posted by ki-pa at 2006年07月13日 19:15
続きです。

仲間内は確かに自分にないものを定期的に得ることの出来るいい機会ですが、そこで培われた価値観は、あくまで絶対的なものではなく、数多ある価値観の一つに過ぎないのです。

ですから、仲間内だけでの交流ですと、その価値観や考えを閉鎖的なものにしてしまう可能性があります。

環境的に仲間内以外の人と接する機会がないなど、自分の力でどうにも出来ない状況はありますが、それ以外は出来るだけ行動するようには出来るはずです。

楽しみ方は確かに千差万別ですが、一定の環境に留まり続けず、もっといろんな人の価値観や考えを吸収し、知識を広げていくことは決して出来ないことではないと思います。
Posted by ki-pa at 2006年07月13日 19:33
要は仲間内だけ、
そういう島国根性が
日本人の悪いところ。
弱いところ。
だから、積極的に、
いろんな人と接して
自分を磨いていく
海外の人に勝てない。
あと、日本人は
国内戦勝ち抜いただけで満足しちゃう。
日本がすべて、
世界、海外は
自分とは違う、別な
世界とかって思い
外人コンプレックス
ばかり持ってるから
勝てない。
そういう臆病さが
デュエルでの負けに
つながる。
Posted by at 2006年08月21日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Reza Azimadeh Part2
Excerpt: シリーズ第2弾目です。いよいよ私が彼にぶつけたい質問を用意しました。何せ、彼がワンピースをやってる間にデュエルもせずにノートに向かって何を聞こうか考えていたのです。 その際に、小学生~中学生くらいの子..
Weblog: とある人間のマニア部屋 in Australia
Tracked: 2006-07-11 00:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。