2006年12月31日

2006年総括

今年も今日でおしまい。9時間ほど早いけれどひとまず総括。

なんか去年もこうして総括やったようなやってないような気がしつつ
今年を振り返ってみると、いろんな事があった。
テレビや新聞に載っているようなものは、ニュース見れば
嫌というほど総括やってるみたいなので、こっちはさておいて。

やはり一番の変化は海外研修だったと思う。
国外に出て、海外の人の気質や生活、研修内容も充実してたし、
向こうの遊戯王について少しは知ることができた。
いろんな意味で収穫はたくさんあったし、何よりまた海外に行きたいと
思ったのは自分でも驚いているくらい。

海外、今回はヨーロッパだけど、向こうは日本ほどせかせかしてないし
何より凄くおおらかな雰囲気を街全体が持っている。
こう言っちゃなんだけど、他国を見てくると日本人が本当にクソ真面目で
堅苦しく見えてくる。日々の生活さえも楽しむことなく、まるで急ぎ足で生き抜いているみたい。
まあ、向こうとこっちではあらゆる点で違うので、向こうのようにはいかないのは
当たり前といえば当たり前と言える。ただ、もうちょっと楽しんで生きられないかなとふと思うわけで。

来年はどんな年になるのかわからないけど、とりあえず収入が半減するんで
なんとか新しい収入源を見つけられないか模索してるところ。
というのも、今のバイトをやめて研修に行かなきゃいけなくなるから。
遊戯王カードの販売とかも考えてるけど、仕入先が決まらなくてちょっと焦り気味。
転売行為ってあまり好きじゃないけど、死活問題まで発展してくるとそうも言ってられない。
仕入先が見つかるまでの間に、販売形式をちゃんと考えておかなきゃ。

面倒くさいことに、今夜も課題を気にしながらせっせとやらなきゃいけない様子。まったく、気の休まることのない休暇とか勘弁してほしい;;

そんなこんなで今年も沢山の人にお世話になりました。
来年もたくさんお世話になると思いますw
良い年を過ごされますように・・・。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

【デッキ】ライトスフィンクス【レシピ】

先日のアバターは本当に疲れた。
というか、生け贄3体稼ぎつつ、いざ出してもフィニッシュが決められないのでは意味がない。しばらく保留

ってことで、アバター生け贄稼ぎの副産物としてこんなものを作りました。


モンスター(19枚)
放浪の勇者 フリード×3枚
激昂のミノタウルス×2枚
虚無の統括者(ヴァニティー・ルーラー)×2枚
ボルテック・コング×3枚
スフィンクス・テーレイア×3枚
スフィンクス・アンドロジェネス
ジェルエンデュオ×2枚
アンドロ・スフィンクス×3枚

魔法(13枚)
封印の黄金櫃×2枚
非常食×2枚
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
神秘の中華なべ
次元融合×2枚
ハリケーン×2枚
サイクロン

罠(8枚)
聖なるバリア−ミラーフォース−
光のピラミッド×3枚
激流葬
異次元からの帰還
つり天井×2枚


あまり使われることのない劇場版カードのデッキです。
先日のジャンプフェスタで「ボルテック・コング」が登場したので
それの試験的な運用も兼ねています。


・劇場版カードたち
やっぱり扱いにくさが一番の原因だろうか
1ターン待ってもらえず、即座に地砕きを食らっていたかつての環境とは違って、今ならまだ生存率が高そうなので採用してみた。
ぶっちゃけ除去カードがなければ、単純戦闘でぶち壊すのは難しいが、ライボルなんて代物もあるので、そこらへんはタイミング。むしろ最終兵器出しやすくていい。

・虚無の統括者
自身の特殊召喚は出来ないものの、自分だけ特殊召喚できてしまうヤツ。
都合よくも光属性の天使族なのでジェルエンデュオ1体で出せる。

・ジェルエンデュオ
アタック機能つきマシュマロンといったとこだろうか。でも、ダメージを食らえば即座に破壊なので、モタモタしないでさっさとルーラーの餌にしてしまったほうがよさげ。

・ボルテックコング
ジェンフェス初登場初オリジナルのカード。光属性カードがあればその枚数だけ相手デッキのカードを墓地に送れるのでスフィンクスたちのアタック待ちまでの間は、こいつでデッキデスでもしておくのが吉。攻撃力1800とアタッカーとしてはトントン。

・若かりし頃のフリード
モンスター除去の要。墓地に落ちた光属性モンスターを除外することで次元融合のスイッチを決めやすくする。

・激昂ミノ
都合よく、構成モンスターのほとんどが獣族。攻撃力が高くても壁を並べられては劇場版カードの高攻撃力を活用できないので、コイツで穴あけ。ボルテックコングの効果を無理矢理通すことも出来るので、ある意味切り込み隊長的存在。

・非常食、ハリケーン、つり天井、激流葬
劇場版カードの最終兵器、スフィンクス・アンドロジェネスの召喚の要となるカード。同時に破壊って考えると多分こいつらかなぁと思う。ハリケーンでピラミッドを戻しても破壊されて除外されるので、それだけで条件満たせるし、次元融合に繋げられる。この後のアタックがほぼ決まる状態で出せれば最高。

・次元融合、異次元からの帰還
モンスターの大量展開なら次元融合、生け贄を揃えたいだけなら異次元からの帰還、今回は役割をすっぱりと分けました。でないとスフィンクスは召喚ターンにアタックかけられないので、攻撃が通った後に追い討ちで発動っていう手段が使えない。アンドロジェネスの召喚キーにもならないので、LPコストを考えると全然見合わない。なのでやるなら生け贄稼ぎか、中華なべでLP確保。


状況的に考えて、どこかにスナイプストーカーを入れてもいい。フリードとスナイプストーカーを積んで、除去率上げちゃうわけだけど、そうなるとボルテックの効果が生かせないっていうのもあるので、逆に数減らしちゃう手もある。入れるとするならそれぞれ2枚ずつ。獣族じゃないから貫通効果も見込めないという理由もあるので、それを考慮してもスナイプストーカーは2枚が妥当だと思う。

1ターン待たないといけないという制約は変わらないので、あえて魔封じの芳香で魔法発動を1ターン遅らせるという方法もある。そうなると、永続罠を積み込んでウリアも・って考えるとそれも面白そうだけど、また別の話。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

【デッキ】推理Dアバター【レシピ】

アバターって実際どうよと真剣に考えてみた。そんなデッキ。

メイン(41枚)

モンスターカード(20枚)
邪神アバター×3
混沌の黒魔術師
マシュマロン
ダンディライオン
黄泉ガエル
ジャイアントウィルス×3
D-HERO ドグマガイ
D-HERO ダッシュガイ×2
D-HERO ダイヤモンドガイ×2
D-HERO ドゥームガイ×2
E・HERO エアーマン×3

魔法カード(18枚)
貪欲な壺
天使の施し
大嵐
早すぎた埋葬
ライトニングボルテックス×2
増援×2
デステニードロー×3
デビルズ・サンクチュアリ×2
名推理×3
我が身を盾に
スケープ・ゴート

罠カード(3枚)
和睦の使者×3


ドグマガイを展開してLP半分まで削りながらアバター出してフィニッシュなデッキ。
展開速度はそこそこ。アバターは出てくるの結構早いので、問題は出てから2ターンで勝負を決められるかどうかというところ。まだ改善の余地はあり。

では構成物質の解説(何

・アバター
無論3積み。重いかもしれないけど、邪魔ならライボル、施しで捨ててもいい。展開準備が意外と早く整うので、常に手札に握っておきたい。

・マシュマロン、ダンディライオン、黄泉ガエル
優秀な壁&生け贄要員。とにかく生け贄が欲しいならちょうどいい素材。

・ジャイアントウイルス
こちらも生け贄要員。死デッキの媒介にもなるし、破壊されれば場に2体出せる&ダメージが入る。これが決まるのと決まらないのとでは、ドグマ効果でのLP半減に結構な差が出る。

・D-HEROたち
主力はドグマガイ。3体生け贄が必要ながらも特殊召喚なので、羊トークンで出してやれるので結構早い。特殊召喚でとにかく生け贄要員を揃えないといけないので、ダッシュガイは必須。Dドローで落として下拵え。ダイヤモンドガイはアバター召喚の促進、モンスター除去、ドロー強化の要として。ドゥームは使用済みダッシュと、ダイヤ効果の再利用要員。

・E・HEROエアーマン
やっぱり強い。ここからD-HEROにつなげればエンジンをかけやすい。

・デビルズサンクチュアリ
ダイヤガイで落としても、手札から使ってもお手軽に生け贄を稼げる。
死デッキ要員にもなるし、場ががら空きになりそうなときには出しておきたい。

・我が身を盾に
アバターは戦闘においてはこと無敵、効果継続範囲内であれば魔法・罠は使えないけど、モンスター効果で破壊される可能性があるので、場もち補助として欲しいところ。と言ってもモンスター除去効果を持つ効果モンスター自体そうそうあるわけじゃないので1枚だけ。


ざっとこんな感じ。
何回か組んでは崩して組みなおしを繰り返してきた結果。でもまだ改善の余地あり。
ちなみに、今まで採用してきたカードで面白そうだと個人的に思ったものもあるので以下に。

・デビルフランケン
単純に究極竜とか、サイバーエンドとアバターを並べたかっただけ。
でも入れておくと強い。効果使用後は生け贄で美味しく頂いちゃいましょう。

・ナーガ&モンスター回収
これはちょっと盲点。ナーガ効果でデビフラとか出しておけば、効果使用後に即生け贄に使えるのでありといえばあり。
ちなみに、ダッシュガイ効果使用可能状態で、ドローフェイズにモンスター回収を行った場合、モンスター回収効果でドローした手札にモンスターカードがあればダッシュガイ効果で場に出せます。事務局OKしました。
その際の処理はこうなります。

ドローフェイズ時
ドロー後、モンスター回収効果発動
  ↓  ↓  ↓  ↓
この時点では、モンスター回収のみチェーンブロック発生。
効果処理時に場のナーガと手札をデッキに戻してその合計分ドロー
  ↓  ↓  ↓  ↓
効果処理後新たにチェーンブロック発生。
ナーガは強制効果なので以下のようにブロックが組まれます。

チェーン1:ナーガ
チェーン2:D-HEROダッシュガイ

効果処理開始

チェーン2:D-HEROダッシュガイ効果で特殊召喚可能なモンスターが手札にあれば公開し特殊召喚。
チェーン1:ナーガ効果でデッキからレベル3以下のモンスターを特殊召喚。

となります。

モンスター回収効果でダブルコストンとアバターが手札にくれば、そのターンに融合モンとアバターを並べることも可能です。

・ダブルコストン
アバターを低コストで出すには必要不可欠だと思っていたんですが、どうでもいいときに手札にくると紙クズ同然。アタッカーとしても若干力不足。むしろ実戦ではダブルコストンよりも、黄泉ガエルなど低レベルモンスターを生け贄にすることが多かったです。


え?サイド?
そんなものかんgゲフンゲフン

メインすらできてない状況でサイドとか考えられないです。
試験的なデッキであれば、総入れ替えで別のタイプに変えられるようにしてみてもいいかもしれません。
posted by ki-pa@りんご飴157号 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。